Menu
(0)

Search

『シャン・チー』トニー・レオン、実父の影響で父親役演じたくなかった ─「ウェンウーは家族を深く愛している人」

シャン・チー/テン・リングスの伝説
©Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の『シャン・チー/テン・リングスの伝説』では、『アイアンマン』(2008)より影を潜めてきた犯罪組織、テン・リングスのリーダーであるウェンウーがヴィランとして登場する。シャン・チーを組織の陰謀に巻き込もうとする最凶の父親だが、演じた俳優いわく、彼は家族を深く愛しすぎているだけなのかもしれないという。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は、最強ゆえに戦うことを禁じたヒーロー、シャン・チーを主人公にした作品。主人公の父親であるウェンウーは、息子を最強の暗殺者として厳しく育ててきたが、シャン・チーは優しすぎる性格から自ら戦うことを禁じ、後継者となる運命から逃げ出してしまう。しかしウェンウーは、そんなシャンチーを伝説の腕輪を操って世界を脅かすという組織の陰謀に巻き込もうとしていく。

悪に染まった父親役を演じたのは、香港映画界を代表する俳優トニー・レオン。MCUに初参戦した名優は、父親という役柄を演じることはこれまでほとんどなかった。特に“駄目な父親役”は完全に避けていたようだ。その理由についてレオンは、「駄目な父親役を依頼してきた方が実際にいたのですが、父が僕にした仕打ちを思い出したくないので、断りました」と米GQにて説明している。レオンは少年時代に両親が離婚し、母子家庭で育った。幼い息子のもとから去った実の父親がどんな人物像だったのかはここでは語られていないが、レオンは孤独な子供時代を過ごしたことで、読者や自転車、美術館などひとりの趣味を持つようになったのだという。

「人と距離を置くような子供時代を過ごしてきたからかもしれません。それ以来、僕はひとりでいるときに自分が心から楽しめることを見つけるようになりました。人と一緒にいるだけで幸せを感じられるとは限りませんよね?」

それにもかかわらず、本作で息子を悪に巻き込もうとする父親役を演じたのはなぜなのか。それはウェンウーには“悪に染まった父”として以外の魅力もあったからのようだ。「スーパーパワーを持った人が現実世界にいることは想像できませんでした。ただ、彼のように負け犬で、父親失格の人であれば想像できます」「彼は悪い父親でもあるが、僕には家族を深く愛している人としか考えられないんです。彼は自分を愛することを知らないんだと思います」。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は、2021年9月3日より公開中。

Source:GQ

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly