Menu
(0)

Search

『シャン・チー』監督、続編に出てほしいアジア映画のレジェンドとは ─ 「実現すれば人生の夢が叶う」

シャン・チー/テン・リングスの伝説
©Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021)は、MCU初のアジア系ヒーローを登場させ、世界観を大幅に拡大した一作だ。すでに続編の製作も発表されており、監督・脚本にはデスティン・ダニエル・クレットンが続投する。

『シャン・チー』の魅力は個性豊かなキャスティングにもあり、主演を務めたシム・リウ、抜群のユーモアセンスと存在感を発揮したオークワフィナのほか、シャン・チーの父親ウェンウー役には香港映画のレジェンド、トニー・レオンが起用された。トニーがスーパーヒーロー映画でハリウッドに初進出したことは、アジア映画のファンにも大きな驚きをもって迎えられたのである。

では、クレットン監督が『シャン・チー』続編に招きたいアジア映画のレジェンドとは? 米Cinema Blendにて、監督は端的にこう述べている。

「えっと、もしジャッキー・チェンに出てもらえたら、自分にとっての人生の夢が叶うことになりますね。」

現時点で『シャン・チー』続編は企画段階にあるとみられるため、実際にジャッキーに出演オファーがなされるかどうかはまだわからない。しかし、もしも監督の意向通り、続編映画にジャッキーが登場すれば、これはトニー・レオンに続く大きなサプライズになるはずだ。ちなみにクレットン監督はディズニープラスでもMCUドラマの開発にあたっているため、『シャン・チー』以外にも可能性はある。

なお、ジャッキーは近年ハリウッド映画への出演を減らし、香港映画・中国映画に回帰する傾向にあるが、本人はハリウッド映画に出ないという意向ではない模様。2020年のインタビューでは「良い脚本に出会うのが難しい」と語り、たくさんの脚本を受け取ってはいるものの、“香港出身の刑事”という役柄があまりに多いことを明かしていた。「ジャッキー・チェンのいろいろな面を毎年のように見せられるようにしたい。アクションスターではなくアクションもやれる俳優として見てもらいたいし、同じことを繰り返したくはないから」とは本人の談だ。

果たして、『シャン・チー』続編にジャッキー・チェンの出演は叶うかどうか? 実現するにせよしないにせよ、注目のトピックが生まれたことには間違いない。

Sources: Cinema Blend, Movieweb

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly