B級映画『シャークネード』シリーズ、次回作で完結へ!今度はタイムトラベルで悲劇を止める

世界中でカルト的な人気を誇るB級映画、『シャークネード』シリーズが来たる第6作をもって完結を迎えることがわかった。米TV Lineが報じている。

サメを大量に含んだ竜巻が上陸し、ロサンゼルスに大パニックをもたらすというストーリーで話題を呼んだ『シャークネード』(2013)は、一部から熱狂的支持を受け、以降続編が毎年製作されている。第5作『シャークネード ワールド・タイフーン』(2017)では物語の舞台を全世界に拡大し、無数のサメが集まったシャークジラが日本に上陸する、シャークネードに飛び込めば世界を股にかけて移動できるなど、何を言っているのかよくわからない展開が見どころとなった。


既報の通り、シリーズ第6作『シャークネード6(仮題)』はタイムトラベル要素を取り入れ、主人公フィン・シェパードが時空を越えてシャークネードに対峙するストーリーが見どころ。旅の途中では恐竜や騎士、ナチスが登場し、さらにはノアの箱舟にも乗り込むことになるようだ。TV Lineの情報によれば、完結編となる本作で、フィンはすべての始まりとなったシャークネードを止めなければならないという。まさか……今までのシャークネードをすべてなかったことにしようというのか……!

本作には主人公フィンを演じるイアン・ジーリングのほか、妻エイプリル役のタラ・リード、ノヴァ役のキャシー・スケルボが続投。監督はシリーズ全作品を手がけるアンソニー・C・フェランテが務める。シリーズ恒例、カメオ出演者も今から楽しみだ。

映画『シャークネード6(仮題)』は2018年夏、米国のケーブルテレビ局Syfyにて放送。日本での販売・配信については未定だ(2018年3月29日時点)。

Source: TV Line
Eyecatch Image: Photo by Mike Mozart Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。