Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』バッキー、キャプテン・アメリカとの再会はどうなる ― あのキャラとの遭遇にも言及

映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーは、2008年『アイアンマン』に始まったマーベル・シネマティック・ユニバースの総決算として製作される作品だ。すなわち『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で幕を閉じた、『キャプテン・アメリカ』3部作の“その後”を描く一本でもある。

予告編にもみられるように、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカと親友バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーは、ワカンダの地にて再び並んで立つことになる。約2年ぶりのタッグはどうなるのか、撮影現場にてバッキー役のセバスチャン・スタンが語った。

注意

この記事では、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『ブラックパンサー』のネタバレ、および『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の内容に言及しています。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』より ©Marvel Studios 写真:ゼータ イメージ

―――

――

キャップ&バッキー、再会は「すみやかに」

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のラストにおいて、ヒドラによる洗脳が完全に解除されるまで、バッキーはワカンダにて冷凍睡眠に入った。その後、『ブラックパンサー』(2018)のポストクレジットシーンで久々の登場を果たした際には、その左腕は失われたまま、しかしティ・チャラの妹シュリの治療を受けて回復したことが示唆されたのだ。
その一方、スティーブは『シビル・ウォー』の出来事を受けて追われる身となった。コミック“Marvel’s Avengers: Infinity War Prelude”にも描かれているように、彼は身を隠して反テロ部隊に参加しているという。

では、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で二人はどんな再会を果たすのか? セバスチャンは言葉少なに、その様子をこう説明している。

(再会は)すみやかに行われますよ。とても自然なものだと思います。シーンに時間をかけたり、といったことはしていません。そういうものなんです。緊急事態にあって、僕たちは物事をすばやく進めていくわけですから。」

本作では、闇の帝王サノスが6つのインフィニティ・ストーンを求めて地球へと襲来する。アンソニー・ルッソ監督によれば、キャプテン・アメリカはマインド・ストーンを持つヴィジョンを守るためワカンダへ移動するようだ。したがってスティーブとバッキーが対面する時、すでに事態は相当差し迫っているとみられる。

しかし『キャプテン・アメリカ』シリーズで描かれてきたように、スティーブとバッキーは必ずしも言葉を多く重ねてはいない。とりわけ特徴的なのは『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)に登場した回想シーンだが、今回もわずかな時間で関係性がきちんと示されることになるのではないだろうか。

なおバッキーは、久々の戦闘で『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの“喋るアライグマ”ロケット・ラクーンとも出会うことになる。米Entertainment Weekly誌の情報によれば、バッキーの強さを見たロケットが「その銃いくらなの?」と尋ね、バッキーが「売り物じゃない」と返すと、「じゃあその腕は? 腕はいくら?」と応じるシーンがあるそうだ。

ロケットをはじめとしたあらゆるキャラクターとの対面について、セバスチャンは「いつでも僕(バッキー)は、自分自身の安定性や精神について、それから自分は眠っているべきだったんじゃないかと考えているんです。(それに関しては)いいことじゃないですよね」と話している。宇宙からの来訪者に会うのは、治療の意味でも早すぎたのか……?

ちなみに地球のヒーローに初めて対面するロケットの方は、彼らのことをどう捉えているのだろうか。モーションアクターを務めるショーン・ガンは、「ロケットは地球人と同じようにはスーパーヒーローを尊敬してない。だから面白いんですよ」述べている

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ウェブサイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Sources: SR, Comicbook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly