DC映画『シャザム!』米国版予告編公開 ― 思春期変身ヒーロー・コメディ、ハイテンションで登場

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、映画『シャザム!(原題:Shazam!)』の米国版予告編が、2018年7月21日(米国時間)、ポップカルチャーの祭典「San Diego Comic Con 2018」にて公開された。

『マン・オブ・スティール』(2013)に始まったDC映画ユニバースに新たに登場する本作の主人公ビリー・バットソンは、コミックにおいて、「シャザム!」という魔法の呪文を唱えると圧倒的な強さと知性、意志を誇る最強のスーパーヒーロー・シャザムに変身するという設定。しかし予告編を見るかぎり、この“見た目は大人”のヒーロー、本当に「圧倒的な強さと知性、意志」の持ち主なのか……?


両親のいない主人公ビリーは、これまで里親一家を渡り歩き、18歳にして新しい家族への仲間入りを果たす。「自分の面倒は自分で見られる」と言い切るビリーだったが、そこで親友となるフレディに出会うのだった。里親を指して「いい人に見えるだろ、でも信用するなよ。ここはマジでゲーム・オブ・スローンズの世界だから」というフレディを前に、ビリーがさっそく不安げな表情を浮かべると、エディは吹き出して「冗談だよ」と一言。

周囲から距離を置き、“自分の面倒は自分で見る”エディは、ある時いじめっ子をやっつけて地下鉄に逃げ込む。すると突然、「ビリー・バットソン。君を英雄に選んだ」との声が聞こえてくるのだった。電車を降りたビリーの前に現れたのは見知らぬ風景、そして白髪の魔法使い。言われるがまま「シャザム…」と唱えた彼は、屈強な肉体を持つスーパーヒーローに…!

コンクリートの柱を殴り、空を飛ぶ練習をし、街ゆく人の携帯電話を充電し、コンビニ強盗と対決し、ヴィランであるDr.サデウス・シヴァナとうっかり遭遇する。18歳のスーパーヒーロー(見た目は大人)は、まだまだ子ども、まだまだ思春期。ヒーローの能力を持て余しつつ、フレディと軽口を叩きながら、いったいどんな冒険を見せてくれるのか?

 

世界最重要アーティストの一人といって間違いない、ケンドリック・ラマーの楽曲「HUMBLE.」とともに展開する今回の予告編からは、本作が底抜けに明るい変身ヒーロー・コメディであることが伝わってくる。『ライト/オフ』(2016)や『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)などを手がけたホラー映画界の新鋭、デヴィッド・F・サンドバーグ監督による本作は、従来のDC映画ユニバース作品とは明らかに方向性が異なる“新機軸”。しかし幅広い層に愛されるニューヒーローになる予感は今から十分だ。

主人公の少年ビリー・バットソン役には、ドラマ「アンディ・マック」(2017-)に出演し、本作でのブレイクが期待されるアッシャー・エンジェル。変身後の“見た目は大人”シャザムは、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2014)や『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のザッカリー・リーヴァイが演じる。ビリーの親友フレディ役には『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)でエディ役を演じたジャック・ディラン・グレイザーが起用された。
また、ヴィランのDr.サデウス・シヴァナ役は『キングスマン』シリーズのマーリン役などで知られるマーク・ストロング、ビリーに能力を授ける魔法使い役は、ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」(2016-)の演技が高く評価されたロン・シーファス・ジョーンズが務める。

映画『シャザム!』は2019年4月5日に米国公開予定

Source: Warner Bros.
Eyecatch Image: YouTube サムネイル

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。