Menu
(0)

Search

『シャザム!』続編、脚本は「爆笑もの」とフレディ役 ─ 衣装も一新、ニューシューズはアイアンマンっぽい?

シャザム!
SHAZAM! and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ザッカリー・リーヴァイ主演のDC映画『シャザム!』の続編映画『Shazam: Fury of the Gods(原題)』は、2021年5月末から撮影が開始され、続けて特報映像も公開されるなど、ここ最近でファンの期待を一気に高めている。もっとも、与えられた情報は少なく、何に対して期待すれば良いのかには正直戸惑うところもある。そんな中、フレディ役で続投するジャック・ディラン・グレイザーがいくつかの見どころを教えてくれている。

グレイザーが演じるフレディは、主人公ビリーの養兄弟かつ親友。続編では、フレディをはじめとする子どもたちの成長も楽しみの一つだが、フレイザー自身は続編のどんなところに期待しているのだろう。米Colliderのインタビューに応じたフレイザーは、真っ先に「キャストが素晴らしいんです」と話している。「ヘレン・ミレンやルーシー・リューが参加してくださいますし、スティーブン・スピルバーグの『ウエスト・サイド・ストーリー』に出てる注目新人レイチェル・ゼグラーもいるんです」。

ヘレン・ミレンとルーシー・リューは、本作でヴィラン姉妹を演じることになる。レイチェルの演じる役どころは定かでないものの、オリジナルキャストに若手からベテランまでが加わり、作品にも幅と深みが増すわけだ。これを踏まえた上で、フレイザーは「脚本は爆笑もので、第1作よりも面白いです」と豪語。「今回はもっとたくさん逃げ回りますし、アクションも詰まっています。紆余曲折もあって、めちゃくちゃ楽しいです」。

撮影も始まり、楽しさを生で実感している様子のグレイザーだが、現場ではすでに着用している新たなコスチュームについても予告している。フレディは「フードなしです」とグレイザー。続けて「靴もアイアンマンみたいなんです」と興奮気味に話している。その直後、アイアンマンがマーベル作品であることに気づいたフレイザーは「あ、待った。アイアンマンなんて存在しないですよね、誰だアイアンマンって」と前言撤回する茶目っ気を見せた。ちなみに5月下旬に、主演のザッカリー・リーヴァイは『シャザム!』モチーフのスニーカーを自身のInstagramに公開している。色味などはアイアンマンを彷彿とさせるが、これとは関係あるのだろうか。

この投稿をInstagramで見る

Zachary Levi(@zacharylevi)がシェアした投稿

最後に、脚本の内容について改めて感想を訊かれたグレイザーは、ここでとある人物を思い出した模様。「やっぱ何も言わない方が良いですね」と続けたグレイザーは「トム・ホランドにはなりたくないんで」と話した。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)版『スパイダーマン』シリーズで知られるホランドは、MCU随一のネタバレ王子で有名。DCコミックスとマーベル、垣根は違えど、グレイザーもホランドを反面教師に色々と学んでいるようだ。

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly