Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』関連コミック2作、MCUファンも注目『ヤング・アベンジャーズ』最新コミック発売【邦訳アメコミ最新情報】

ShoPro Books(小学館集英社プロダクション)より、2022年2月25日発売の邦訳アメコミラインナップが到着だ。今月は、映画『THE BATMAN -ザ・バットマン-』の準備にも最適なバットマン関連作や、MCUファンも注目のヤング・アベンジャーズ関連作も登場。2月も見逃せないラインナップとなっている。

『バットマン:エゴ』(DC)

2022年3月11日公開予定の映画『THE BATMAN -ザ・バットマン-』のマット・リーブス監督が映画制作にあたってインスピレーションを得たと語ったダーウィン・クックの名作コミックス、初邦訳でついに登場!

来たる3月11日、いよいよ待望のバットマン新作映画『THE BATMAN -ザ・バットマン-』が公開される。そこでShoPro Booksからは、映画に関連した2作品が同時発売となる。

本作『バットマン:エゴ』は、2016年に53歳でこの世を去ったダーウィン・クックの代表作をまとめた短編集。表題の『バットマン:エゴ』は2000年に本国で出版された作品で、『THE BATMAN -ザ・バットマン-』のマット・リーブス監督が、映画を制作するにあたって「インスピレーションを得た」と語った作品だ。

作者のダーウィン・クックは、もともとテレビアニメ版『バットマン』のストーリーボードなどを手掛けたアーティストで、この『バットマン:エゴ』がクックのコミックス作家としてのデビュー作。

アートディレクター、グラフィックデザイナーの肩書も持つクックのアートは高い評価を受け、暴力や哲学、性といったテーマを、スタイリッシュなアートワークでコミックスに盛り込んだことで、特別な地位を確立した。

表題作『バットマン:エゴ』は、ある時、追い詰めたチンピラがとある告白をして自殺したことをきっかけに、罪悪感に苛まれ、「復讐に燃えるバットマン」と「理性的なブルース・ウェイン」に人格が分裂してしまう、というストーリー。

その他にも、キャットウーマンを描いた『セリナーズ・ビック・スコア』や、ダーウィン・クックが脚本、ティム・セイルがアートを手掛けた『デート・ナイト』など、内省的な物語からハードな犯罪アクション、コメディまで、クックの幅広い作風が堪能できる人気作を詰め込んだ一冊となっている。

「ダーウィン・クックは私にとって、兄貴に一番近い存在だ。兄貴にはいろんな側面がある。見上げて尊敬することもあれば、マジでムカつくこともある。で、このイントロダクションではムカついたほうの話をする」……という文章ではじまるアマンダ・コナー(『ビフォア・ウォッチメン:シルク・スペクター』『パワーガール』などを手掛けたコミックス・アーティスト)による愛情と尊敬にあふれたイントロダクションも必読。ダーウィン・クックによるスタイリッシュなバットマンワールドを、ぜひお楽しみあれ。

『バットマン:インポスター』(DC)

映画『THE BATMAN -ザ・バットマン-』公式タイイン作品として、世界同時発売のバットマンBLACK LABELタイトルが登場だ。

映画『THE BATMAN -ザ・バットマン-』関連コミックス第2弾は、世界同時発売となる本作『バットマン:インポスター』。

本作でライターを務めるマットソン・トムリンは、主に映像の分野で活動しているクリエイターで、『プロジェクト・パワー』(Netflix で配信中)の脚本を手掛けた他、今後は人気ゲームを映像化した『ロックマン』の脚本や、SFサスペンス『Mother/Android 』の監督・脚本を担当している。

DC によると、本書は新作映画『THE BATMAN – ザ・バットマン- 』の原案ではないものの、映画の雰囲気を踏襲した作品とのこと。正史(メイン・ユニバース)とは別のオリジナルストーリーなので、予備知識なしでも楽しめる作品となっている。

本作で描かれるのは、自警活動を始めて間もない頃のバットマン。まだヒーローとしての地位を確立してはおらず、巷では「ザ・バットマン」という名で呼ばれている。

しかし、活動が目立つようになったことで、彼はゴッサムの裏社会に潜む権力者を敵に回すことに。バットマンを陥れるために、ゴッサムの裏社会はバットマンの偽物(インポスター)を生み出し、その犯罪をすべて本物のバットマンになすりつけようとするが……。犯罪者のレッテルを貼られ、ゴッサム市警から追われる身となったバットマンは、偽物を捕まえて身の潔白を証明できるのか?

アイズナー賞の受賞歴もあるイタリア人アーティスト、アンドレア・ソレンティーノの美麗なアートにも注目、『バットマン:エゴ』とあわせて読んでいただきたい作品。

『バットマン:ザ・ワールド』(DC)

世界各国から選ばれた最高峰の作家陣が、自らの国を舞台にバットマンの過去、そして現在を語る画期的アンソロジー!

本作『バットマン:ザ・ワールド』は、毎年9月頃に展開されるバットマンデーの2021年の目玉作品として制作された作品で、日本を含む世界14カ国のアーティストがバットマンを描く、記念碑的アンソロジーだ。

各国のアーティストが自国を舞台に自由にストーリーを展開し、アメリカからは、ブライアン・アザレロ&リー・ベルメホの人気コンビが参加。フランスのマチュー・ガベラ&ティエリ・マルタンは、ルーブル美術館を舞台に、バットマンとキャットウーマンの駆け引きを描き、『皺』『家』(いずれも小学館集英社プロダクション刊)などの作品で、日本でも知られるスペインのパコ・ロカは、リゾートを満喫するバットマンの休暇を描く……など、それぞれのお国柄が見事に表れた、個性豊かなバットマン作品が収録されている。

そして日本からは、『ひらひら国芳一門浮世譚』(太田出版)『MUJIN- 無尽- 』(リイド社)などの作品で知られる崗田屋愉一先生が参加。崗田屋愉一先生による『縛られぬ者』で描かれるのは、「蝙蝠」ことバットマンの活躍を描き、その行為によってお尋ね者として奉行所に追われることになった浮世絵師。絵師とバットマン、二人の邂逅を通して「表現の自由」といったテーマについても考えさせられる作品となっている。

各国版はそれぞれの国の作品が表紙になっているが、日本語版は「ザ・ワールド」というタイトルに合わせ、あえて原書と同じ表紙デザインを採用。世界14カ国で描かれるバットマンを通して、「バットマン」というキャラクターの本質とはなんなのか、改めて考えさせられる画期的なアンソロジーとなっている。

『ヤング・アベンジャーズ:サイドキックス』(MARVEL)

アベンジャーズそっくりのヒーローチームがニューヨークに現れた!? MCUでも注目の若手ヒーローたちによる新ヒーローチーム単独誌が登場。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)をご覧になっている方のなかには、最近マーベルに詳しい人から「ヤング・アベンジャーズ」という言葉が、ちらほら聞こえてくるのが気になっている人もいるのでは?

ケイト・ビショップ、パトリオット、アイアンラッドことナサニエル・リチャーズ、ウィッカン、キャシー・ラング……実は彼らは、すでにMCUに登場済みのヤング・アベンジャーズのメンバーたち。「もしかして今後のMCUの展開に絡んでくるのでは?」とひそかにファンのあいだで期待が高まっているのが、彼ら「ヤング・アベンジャーズ」なのである。

そんな注目の若手ヒーローチーム「ヤング・アベンジャーズ」の結成を描いたのが本作『ヤング・アベンジャーズ:サイドキックス』。

元祖アベンジャーズであるアイアンマンとキャプテン・アメリカは、経験の浅い若者たちの身を案じて、彼らを解散させようと動き出すのだが……。
アイアンマンとキャプテン・アメリカに問い詰められたアイアンラッドが明かした彼自身の驚くべき正体と、ヤング・アベンジャーズ結成の目的とは?

注目のヒーローチームの始まりを描く2005年刊行の重要作品。マーベルファンもMCUファンも必読の一冊だ。

『アベンジャーズ&チャンピオンズ:ワールド・コライド』(MARVEL)

世界の危機を前に、アベンジャーズとチャンピオンズがついに共闘! 『チャンピオンズ』シリーズ完結編。

アベンジャーズの大人たちの正義に疑問を持ち、自分たちのやり方で世界を変えようと結成されたミズ・マーベル、ノヴァ、マイルス・モラレス、アマデウス・チョ、ヴィヴ・ヴィジョン、サイクロップスの若手ヒーローチーム「チャンピオンズ」。

アベンジャーズとは袂を分かって活動してきたチャンピオンズだが、世界の危機を前に、今回ついにアベンジャーズと手を組むことに。

とはいえ活動方針をめぐって、いまだにわだかまりが残る彼ら。微妙にかみあわない、モヤッとさせられるやりとりが繰り広げられる。さらに、そのモヤモヤするやりとりはヴィジョンとヴィヴのシンセゾイド親子の間にも……。

なにかにつけて「口うるさく注意してくる父親」ヴィジョンだが、このヴィジョン&ヴィヴ親子をめぐり、物語はとんでもない方向に展開していく。果たして、ヴィジョンとヴィヴの親子にふりかかる悲劇を前に、アベンジャーズとチャンピオンズはどう立ち向かうのか?オールスター競演で、「チャンピオンズ」シリーズを読んでいない人でも楽しめる一冊となっている。

2022年2月マーベルコミックス電子配信タイトル

2月は下記の新刊2タイトルを電子配信。

  • ヤング・アベンジャーズ:サイドキックス
  • アベンジャーズ&チャンピオンズ:ワールド・コライド
前月のラインナップ

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly