Menu
(0)

Search

『ボーダーライン』第3作は実現するのか?ジョシュ・ブローリンが語る ─「全員の念頭に置かれている」

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールもモラルも通用しない麻薬戦争の恐るべき現実をえぐり出し、世界から大絶賛された『ボーダーライン』(2015)。その続編『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』(2018)では、前作の衝撃的な世界観と臨場感はそのままに、新章となる物語が描かれた。待望される第3作の可能性はいかに?

The Hollywood Reporterのインタビューに、マット捜査官役として第2作の物語を牽引した俳優、ジョシュ・ブローリンが登場した。現時点では、『ボーダーライン』シリーズ第3作に関する正式発表はなされていないが、ブローリンは「いつやるかはわかりません。80歳になっているかもしれないですね(笑)」と冗談を口にしながらも、「私たち全員の念頭に置かれていることです」と答えている。

第3作の企画が検討されているだけでなく、ブローリンは、「執筆され、書き直されてきました」と脚本開発が進行していることも明かした。『ボーダーライン』シリーズは1作目・2作目ともに高い評価を獲得しており、「自分たちの作りたいようにできれるのであれば、3作目を製作すべきでしょう」と本人も前向き姿勢を示す。物語の続きを待ち望むファンにも、「だから、あきらめないで!(笑)」と呼びかけている。

ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務めた第1作、ステファノ・ソリがメガホンをとった第2作、いずれも脚本を手がけたのは、『最後の追跡』(2016)『ウインド・リバー』(2017)などのテイラー・シェリダンだ。第3作目の脚本を執筆しているのも、同じくシェリダンなのだろうか。

第3作が実現することになった場合、誰が監督として登板するのかも気になるところ。2018年にプロデューサーであるエドワード・マクドネルは、「(ドゥニ・ヴィルヌーヴには)もしかすると第3作では戻ってきてもらうかもしれない」と述べていたが、果たして?

Source:The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly