Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』スピンオフドラマ「シルク」、ドラマ版「ウォッチメン」製作者が参加

シルク
※画像はイメージです | Photo by Oliver Ayala https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Sdcc_day_2-82_(28673027506).jpg Remixed by THE RIVER

スパイダーマン』シリーズのスピンオフドラマシルク(原題:Silk)」に、ドラマ版「ウォッチメン」(2019)を手がけたトム・スペツィアリーが参加することがわかった。米Deadlineが報じている。

「シルク」はマーベル・コミック『スパイダーマン』に登場する女性ヒーロー、シルク/シンディ・ムーンを主人公とする単独作品で、製作を『スパイダーマン』シリーズの米ソニー・ピクチャーズが担当し、Amazonが配給権を獲得したとのこと。ディズニー/マーベル・スタジオが展開する、マーベル・シネマティック・ユニバース作品とはひとまず関連性を持たないものとみられる。

スペツィアリーはAmazon Studiosとの包括契約を結んでおり、「シルク」ではショーランナーと製作総指揮を兼任。脚本・製作総指揮はNetflixドラマ「ユニークライフ」(2017-)のローレン・ムーンが務めており、同じく製作総指揮には『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018)のフィル・ロード&クリス・ミラー、さらにプロデューサーには『スパイダーマン』シリーズのエイミー・パスカルが名を連ねた。

「ウォッチメン」をエミー賞11冠という快挙に導いたスペツィアリーは、過去に「LEFTOVERS/残された世界」(2014-2017)や「デスパレートな妻たち」、「死霊のはらわた リターンズ」(2015-2018)などで製作総指揮を担当。もとよりロード&ミラーほか実力者が集まっていた本作に、さらなる人材が加わったといえる。

主人公のシルク/シンディ・ムーンは2014年にコミックに初登場した韓国系女性アメリカ人のスーパーヒーローで、スパイダーマン/ピーター・パーカーのクラスメイト。ピーターがクモに噛まれてスパイダーマンになったのと同じころ、シンディも同じクモに噛まれてスーパーパワーを獲得していた。高速移動やクモ糸の発射能力はピーターを超え、スパイダーセンスを上回る第六感「シルクセンス」も備えているという設定だ。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly