Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』で登場した過去作のとある名ゼリフとは? ─ 演じた俳優、「最初は気がつかなかった」

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

この記事には、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

トビー・マグワイア版『スパイダーマン』シリーズになじみがある方はピンと来たかもしれない該当のセリフは、物語の序盤で登場した。スパイダーマンとしての素性を暴かれてしまったピーター・パーカーは、世間だけでなく学校でも注目の的に。校舎の前には人だかりができ、校内レポーターのベティ・ブラントは、その様子をキャッチーなワードチョイスで実況する。そこで、ベティはこう一言。「Go get ’em, tiger! Or should I say spider?(頑張って、タイガー。それとも、スパイダーと言うべき?)」。

この「Go get ‘em, Tiger!」というセリフ、初出は原作コミックだが、映画『スパイダーマン2』(2004)でもMJ役のキルスティン・ダンストが放った一言として登場する。ラストシーン、自身の結婚式を直前で投げ出した花嫁姿のMJは、ピーターと結ばれることに。唇を重ねた後、街中でサイレンの音が聞こえると、トビー・マグワイアのピーターに「Go get ‘em, Tiger!(やっつけてきて)」と話すのだ。

一つの名ゼリフとして『スパイダーマン』ファンの中に残り続けてきた「Go get ‘em, Tiger!」の再登場に、演じたベティ役のアンガーリー・ライスはどう反応したのか。米The Hollywood Reporterとの取材で、ライスはこう語っている。

最初は気が付きませんでした。でも気に入りましたよ。イースターエッグはたくさんあるので、見落としてしまって映画館で観て初めて分かるものもあるんです。

「Go get ‘em, Tiger!」は慣用句として一般的に使用される言い回しであるうえ、2001年生まれのライスは、『スパイダーマン2』公開時には3歳。映画を観ていなければ、イースターエッグだと認識する由もないだろう。それでもライスは、それが過去作へのオマージュだと気がついた時、「“うわぁ、あの時のあれじゃん”って感じでした」と、その興奮ぶりを伝えた。

ちなみに、「Go get ‘em, Tiger!」に近いセリフは、映画『デッドプール』(2016)でも登場している。もっとも、最強の敵が目の前に現れた時に、ピンチの“俺ちゃん”デッドプールが、X-MENの訓練生であるネガソニックに対して「Go get her Tiger(やっつけちゃえ)」と言ったセリフなので、文脈は全く違うのだが……。

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly