Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』製作陣、アカデミー賞獲得に熱意 ─ トム・ホランド「オスカーにはヒーロースーツが少なすぎる」

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームは、アカデミー賞の栄冠に輝くことができるか? 米The Hollywood Reporterでは、製作のキーパーソンたちがオスカー像獲得への意欲を示している。

本作のプロデューサーを務めたエイミー・パスカル氏は、ソニー・ピクチャーズの元会長として数々の作品をアカデミー賞に送り出してきた映画界の重鎮だ。スーパーヒーロー映画はいまだ主要部門で評価されにくい傾向にあるが、パスカル氏は「特定のジャンルの映画は質が低い、などということはありません」と力を込めた。「私たちは人々が観たい映画を作り、いろいろな感動を与える映画を作るという仕事をしています。この映画もまさしくそうだと思います」。

ソニー・ピクチャーズのトム・ロスマン会長は、『ノー・ウェイ・ホーム』のクオリティに自信を示した上で、「質が高く、商業性も高いという作品を作るのは本当に難しいこと。これぞアカデミーに必要なものです」と述べた。90年代にサーチライト・ピクチャーズの設立に携わったロスマン氏は「アートフィルムがある程度認められてきたことは素晴らしいこと。けれど、質の高い商業映画を除外することはしないでほしい」と言い、「(『ノー・ウェイ・ホーム』で)大ヒット映画への偏見を乗り越えなくては」と冗談めかして語ったという。

かたや『ブラックパンサー』(2018)で作品賞ノミネートの実績があるマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、「幅広い層の人々に強く訴えかけるというストーリーテリングの芸術性を考慮してほしい」と述べ、今後数週間にわたって公にこのことを語っていく意向を明かした。

「メッセージがあり、世界中のさまざまな人々にとって意義のある商業映画を作るのは極めて困難なこと。けれども、たやすく無視されることもしばしばあると思います。“スーパーヒーロー映画なんだから成功するでしょ”というふうに。実際にはそうじゃない。コスチュームを着るのが(ヒットの)コツではなくて、観客を巻き込めるアーティストとストーリーテラー、職人たちこそがコツなのです。批評家や観客がそのことを認識したら、次はアカデミーが認識しているかどうかについて語るべきだと思います。」

『ノー・ウェイ・ホーム』が特殊なのは、MCUだけでなく過去のスパイダーマン映画とも繋がりを持っているため。サム・ライミ版『スパイダーマン』3部作や『アメイジング・スパイダーマン』2部作から、ドクター・オクトパスやグリーン・ゴブリン、エレクトロといったヴィランが集結するのである。ロスマン氏とファイギ氏は、かつてアカデミー賞で11部門に輝いた『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(2003)にも言及。同作が『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の集大成だったように、本作もMCU版『スパイダーマン』3部作や過去作を祝福する映画なのだと強調した。

現在、アカデミー賞の作品賞は10作品をノミネートできる状況。ロスマン氏とファイギ氏、パスカル氏の3名は、より多様な映画を受け入れられる環境であることに期待を示している。ちなみに、主演のトム・ホランド「アカデミー賞映画にはヒーロースーツが少なすぎる」と述べた。

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日(金)公開

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly