Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:スパイダーバース』日本語吹替版予告編、海外で「オリジナル版よりも良い」の声 ─ TK from 凛として時雨の主題歌も支持集める

スパイダーマン:スパイダーバース
(c) 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: (c) & ™ 2019 MARVEL.

マイルス・モラレスを主人公とする新たなスパイダーマン映画、スパイダーマン:スパイダーバース』の日本版予告編に海外から熱い視線が注がれている。もっとわかりやすく言えば、超バズっている

『スパイダーバース』日本版予告編、海外でバズる

『スパイダーマン:スパイダーバース』は2018年12月14日に米国公開を迎え、本国では初登場第1位を記録、12月公開のアニメ映画として歴代記録を更新する好スタートとなった。ゴールデングローブ賞をはじめ数々の映画賞にノミネートされるなど、映画の完成度もすでにお墨付きだ。

そんな『スパイダーマン:スパイダーバース』は2019年3月8日(金)に日本公開…なのだが、早くも日本版予告編が海外のファンに発見されて大きな話題を呼んでいる。とあるTwitterユーザーが「オリジナル版よりも日本語吹替版が最高」として予告映像を紹介すると、投稿は約25,000回のリツイートと約63,000件の「いいね」を獲得。映像の再生回数は105万回を突破した(12月26日21時時点)。

これには海外のファンメディアも相次いで反応した。米ComicBook.com「日本版予告編は『スパイダーマン:スパイダーバース』を完璧なアニメ(Anime)へと変化させた」とのタイトルで記事を掲載、本文では「吹替版の予告編は作品をネクスト・レベルに引き上げている」と絶賛。ナレーションや編集を含め、映像全体が本国の予告編よりもダークなアプローチで構築されていることにも言及した。

また、米国のビデオサイト「Machinima」のFacebookでも「『スパイダーバース』日本版予告編が日本のアニメ(Anime)っぽい」とのタイトルで映像が拡散されるや、再生回数52万回、コメント1,800件、シェア9,800件以上を記録(12月26日21時現在)。さらには、シンガポールのウェブメディア「TAXI」でも「オリジナルよりカッコいい」と紹介されている。

SNSで特に目立っているのは、TK from 凛として時雨による吹替版主題歌「P.S. RED I」や、ピーター・パーカーの吹替を担当した宮野真守によるナレーションへの熱いコメントの数々だ。ポスト・マローンによる英語版主題歌「Sunflower」からの大胆な舵切りには賛否も分かれているが、TKは海外の音楽ファン・アニメファンからも強い支持を得ている。TKによる新曲に惹かれたユーザー、日本のアニメに精通して宮野の声に親しんできたアニメファンの期待は圧倒的なのだ。

ちなみに日本版予告編はSonyPicuresJapanの公式YouTubeチャンネルにて公開されているが、こちらにも海外ファンによる英語のコメントが大量に寄せられている。
『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)では漫画家の村田雄介氏を起用した日本版ポスターが「史上最高」、『ヴェノム』(2018)ではダークなビジュアルの日本版ポスターが「最高にカッコいい」「映画マーケティング史上最高傑作」とまで絶賛されていたが、『スパイダーマン:スパイダーバース』は独自の予告編で海外ファンの心をガッチリと掴んだ格好だ。日本公開まで2ヶ月以上、さらなる盛り上がりにも期待したい…!

『スパイダーマン:スパイダーバース』

『スパイダーマン:スパイダーバース』は、時空が歪められたことにより、異なる次元で活躍するスパイダーマンたちが集まった世界が舞台の物語。予告編の冒頭で語るのは、長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカー(吹替版声優:宮野真守)だが、今回は彼の物語ではない。マイルス・モラレス(声:小野賢章)の物語だ。

ニューヨーク、ブルックリンの名門私立校に通う中学生のマイルズはスパイダーマンだが、まだその力をうまくコントロールできずにいる。そんな中、時空が何者かによって歪められる危機に直面。マイルスはピーターの指導のもと、一人前のスパイダーマンになるべく訓練を開始する。そんな中、女性スパイダーマンのスパイダーグウェン(声:悠木碧)が次元を越えてマイルスの世界にやってくる……。

日本語吹替版では、音響監督を日本を代表する存在である岩浪美和が担当。主題歌はTK from 凛として時雨が務める。

スパイダーマン:スパイダーバース

監督は『リトルプリンス 星の王子さまと私』(2015)脚本のボブ・パーシケッティ、『22ジャンプ・ストリート』(2014)脚本のロドニー・ロスマン、『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』(2012)のピーター・ラムジー。製作総指揮は『LEGO(R) ムービー』(2014)のフィル・ロード&クリス・ミラーが務め、脚本はクリスとロドニーが共同執筆した。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は2019年3月8日(金)全国ロードショー。

『スパイダーマン:スパイダーバース』公式サイト:http://www.spider-verse.jp/

Sources: ComicBook.com, Machinima, TAXI

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly