Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』第3作、トビー・マグワイア&アンドリュー・ガーフィールド出演の噂は「確証ない」 ─ 米ソニーがコメント発表

トビー・マグワイア アンドリュー・ガーフィールド トム・ホランド
Tobey Maguire by gdcgraphics / Andrew Garfield by Gerald Geronimo at https://www.flickr.com/people/25445109@N07

トム・ホランド主演『スパイダーマン』第3作(タイトル未定)に、過去の『スパイダーマン』映画版で主演を務めたトビー・マグワイア&アンドリュー・ガーフィールドが出演するとの噂について、米ソニー・ピクチャーズがコメントを発表した。

トビー・マグワイアはサム・ライミ版『スパイダーマン』3部作で、アンドリュー・ガーフィールドは『アメイジング・スパイダーマン』2部作で、それぞれピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じた。ファンの間ではスパイダーマン同士の共演を期待する声や噂もあったが、2020年10月13日、米FandomWireが「トビーとアンドリューが出演契約を締結した」との記事を公開したことで話題が急騰。日本国内のTwitterでも「スパイダーマン」がトレンド入りした。しかしながら、当該記事の信憑性はきわめて低く、報道と呼べるものではなかった。

このたびET Canadaは、トビー&アンドリューが『スパイダーマン』出演交渉に入っているとの噂について、ソニー・ピクチャーズに確認を実施。「噂されているキャスティングは確証のないもの(Those rumoured castings are not confirmed.)とのコメントを得ている。

通常、新作映画のキャスティングをめぐる報道や噂についてスタジオ側が公式のコメントを発表することはほとんどない。報道の内容が追って公式発表という形で確認されることはあるが、大作映画であればあるほど、報道が即座に認められたり、否定されたりするケースは少ないものだ。そんな中、ソニーが報道機関を通じてコメントを公開したことはイレギュラーな対応と言える。その一方で、今回の「確証のないもの」というコメントは、問題の噂を完全否定するものでもない。この噂については、現時点で確たることは何もないものと理解するのが適切だろう。

映画『スパイダーマン』第3作(タイトル未定)は2021年12月17日に米国公開予定スパイダーマン/ピーター・パーカー役のトム・ホランド、MJ(ミシェル)役のゼンデイヤ、マリサ・トメイやジェイコブ・バタロン、トニー・レヴォロリらが続投。マーベル・シネマティック・ユニバースからはドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチが登場し、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)のジェイミー・フォックスがエレクトロ役を再演する

あわせて読みたい

Sources: ET Canada, FandomWire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly