Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』第3作、みっつのタイトルが発表か ─ 『Phone Home』『Home-Wrecker』『Home Slice』、出演者も困惑

https://www.instagram.com/p/CLpwqkqFaiS/ | https://www.instagram.com/p/CLpxI_oFrp2/

(10:09 追記) ミシェル役のゼンデイヤは、みっつめのタイトルを『Spider-Man: Home Slice』として掲載した。「Home Slice」は「親友」の意味。この投稿にトム・ホランドは「そうか…もういいよ!ジョン(・ワッツ監督)に電話するから」と、ジェイコブ・バタロンは「オーケイ、いよいよバカバカしいな。ジョンと話すわ!」コメントしている。

この投稿をInstagramで見る

Zendaya(@zendaya)がシェアした投稿

(追記ここまで)

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『スパイダーマン』第3作の複数の米タイトルが、出演者のSNSを通じて発表されたとして話題になっている。

主演のトム・ホランド『Spider-Man: Phone Home』と、ネッド役ジェイコブ・バタロン『Spider-Man: Home-Wrecker』とのタイトルロゴを掲載している。現時点でどちらが正しいタイトルなのか、あるいは両者ともフェイクであるのかは定かではない。

この投稿をInstagramで見る

Tom Holland(@tomholland2013)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Jacob Batalon(@lifeisaloha)がシェアした投稿

『Phone Home』と『Home-Wrecker』ともに、前作までの『ホームカミング(Homecoming)』『ファー・フロム・ホーム(Far From Home)』を踏襲したネーミング、デザインになっている。『Home』が含まれる単語であること、そしてロゴのアルファベット『O』が、スパイダーマンのマークになっていることだ。

ホランドがアナウンスしたタイトル『Phone Home』は、「家に電話する」の意味。『E.T.』(1982)では、宇宙人のE.T.が初めて英語を発するシーンで「E.T. phone home(E.T. オウチ デンワ)」というセリフが登場した。

一方バタロンの『Home-Wrecker』は「家庭を壊すもの」で、主に不倫関係にある愛人を指すときに使われる。

ホランドは「『スパイダーマン』新作のタイトルを発表できてワクワクしている!」と、バタロンも「僕たちの新作映画のタイトルを発表できてワクワクしている!」と添えた。お互いの投稿に、ホランドは「待って、えっ?」と、バタロンは「おいおい、待て、何で違うの?」コメントしている。

出演者を通じた異例のダブルタイトル発表。恒例となっているトム・ホランドの「ネタばれ癖」にまつわるジョーク投稿なのか、あるいはマルチバースを示唆する仕掛けなのか、どう捉えるべきかは頭を抱えるところだ。

もっとも、ふたりがシェアした場面写真は本物だろう。ピーター・パーカー、ネッド、そしてミシェル(ゼンデイヤ)が仄暗い地下室のような場所を訪れている。

『スパイダーマン』第3作、早くも一筋縄ではいかなそうだ。米公開は2021年12月17日予定。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly