Menu
(0)

Search

『ベイビー・ドライバー』エドガー・ライト、新作は「アンドロイドが映画で世界を変える話」 ─ 異色のSF小説を映画化

エドガー・ライト
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9345815579/

『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)『ベイビー・ドライバー』(2017)などで知られるエドガー・ライト監督が早くも新作の企画に乗り出した。作家サイモン・スティーヴンソンによる異色のSF小説『Set My Heart To Five(原題)』の映画化を手掛けることが、米The Hollywood Reporterなど複数のメディアで報じられている。 

物語の舞台は、人口が増えすぎてしまった2054年。アンドロイドの歯科医であるジャレッドは、1980〜90年代の映画を観たことをきっかけに、自分の感情を目覚めさせる。自分をはじめ、あらゆるアンドロイドが“感情を持つ”ということを人間に認めさせるため、アメリカ西海岸へと忘れられない冒険の旅に出る。彼は、自分を作ったプログラマーに会いに行くこと、世界を変える映画の脚本を執筆することを決意していた……。

原作小説は2020年5月に米国で刊行されるもので、脚本は原作者のサイモン・スティーヴンソンが自ら執筆する。出演者および製作時期については不明。なお、ライト監督の次回作は、自身初のサイコホラー/スリラーとなる『ラスト・ナイト・イン・ソーホー(原題:Last Night in Soho)』で、米国公開を2020年9月25日に控えている。そのほか、人気作『ベイビー・ドライバー』の続編映画も準備中と伝えられている

ちなみに、ライト監督がSF映画を手がけるのは今回が初めてではない。過去にはSF映画『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』(2013)を手掛けており、同作は“ハシゴ酒”を実行している最中に、エイリアンが人間に混じって地球を侵略しようとしていることに気付いた5人の中年男性を描いた作品だ。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly