Menu
(0)

Search

『ジャスティス・リーグ』デスストローク役ジョー・マンガニエロ、「スナイダーカット」再撮影への参加はいかに

ジャスティス・リーグ スナイダー・カット
© and ᵀᴹ 2020. Warner Media, LLC. All Rights Reserved. All trademarks are the property of their respective owners.

DC映画『ジャスティス・リーグ』(2017)をザック・スナイダー監督の初期構想に基づきテレビシリーズ化する、通称「スナイダー・カット」こと「ザック・スナイダーズ・ジャスティス・リーグ(原題:Zack Snyder’s Justice League)」の再撮影・追加撮影が実施される。バットマン役のベン・アフレック、ワンダーウーマン役のガル・ガドットなどが参加すると見られているが、デスストローク役を演じたジョー・マンガニエロに関してはどうなるのか……?

この度、米Colliderのインタビューにジョー・マンガニエロが登場。再撮影・追加撮影への参加の有無について問われたところ、「絶対に訊かれると思っていましたよ」と笑みを浮かべながら答えた。「仮に参加する予定だったとしても、私自身の口から話すべき事ではありませんね。それはザック(・スナイダー)本人の口から伝えられるべきでしょう。どうなるのかはさて置き、守秘義務契約の中で答えられることは以上です」。再撮影・追加撮影への参加の有無については最後まで明かさなかったが、否定している訳でもないことは注目すべき部分かもしれない。

「スナイダー・カット」に関する具体的な言及を避けたジョー・マンガニエロだが、当初予定されていた場面が復活することを強調した。「以前、SNSでも話しましたが、(私が登場する)ポストクレジットシーンは『ジャスティス・リーグ』の公開にあわせて変更になっています。『バットマン』の製作が中止になったので」

本人が言うように本来であればデスストロークは、『ジャスティス・リーグ』に続く単独映画『バットマン』で悪役として正式に登場する予定だったが、主演・監督・脚本のベン・アフレックが降板した事を受けて、企画自体が頓挫してしまったのだ。しかし、最後には「当初予定していた場面が今回復活します」と強調している。再撮影の有無は不明だが、「スナイダー・カット」では劇場公開版の時には見れなかったデスストロークの姿が見られるかもしれない……。

Source:Collider

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly