Menu
(0)

Search

『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カット、TVシリーズでなく映画として配信か

ジャスティス・リーグ スナイダー・カット
© and ᵀᴹ 2020. Warner Media, LLC. All Rights Reserved. All trademarks are the property of their respective owners.

DC映画『ジャスティス・リーグ』(2017)をザック・スナイダー監督が当初の構想を新たに蘇らせる、“スナイダー・カット”こと「ザック・スナイダーズ・ジャスティス・リーグ(原題:Zack Snyder’s Justice League)の作品形式が、これまで伝えられていたテレビシリーズから映画へ変更されるかもしれない。スナイダー監督本人が明かしている。

“スナイダー・カット”は、『ジャスティス・リーグ』から途中降板したスナイダー監督が自身の初期構想に基づき、再制作する作品。2020年8月23日に特報映像が公開された際、HBO Maxにて各話1時間、全4話構成で配信予定であることが発表されていた。この時すでに、約4時間に及ぶ1本の長編作品としてリリースする計画も伝えられていたが、ひとまずテレビシリーズ作品として製作されているのが現時点までの認識であった。

このたびスナイダー監督は、SNS「Vero」にて“スナイダー・カット”の製作風景を投稿。この投稿のコメント欄にて、ファンから「今もテレビシリーズとして作っていますか?それとも1回限りの映画として作っているのでしょうか?」と質問を受けると「1回限り」と返答したのだ。つまり、映画としての製作に方針を切り替えたということになる。

“スナイダー・カット”の作品形式を巡る方針転換の経緯は定かでない。もっとも、製作発表当時よりテレビシリーズと映画、両方の可能性が伝えられていたため、製作側も作品形式の変更を想定の範疇に収めていたのだろうか。

また、スナイダー監督は“スナイダー・カット”のIMAX上映を以前から希望しており、2020年末には米IMAXと「謎のビッグプロジェクト」を計画していることが判明済み。この企画が“スナイダーカット”に関連するものなのかは不明だが、仮にそうである場合、映画“スナイダーカット”をHBO Maxにて配信した後に劇場でのIMAX上映を実施する、という展開戦略が練られているのかもしれない。

あわせて読みたい

Source: Zack Snyder Vero

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly