Menu
(0)

Search

スティーブ・カレル主演、「アメリカ宇宙軍」発足描く職場コメディ「スペース・フォース」Netflix配信決定

SPACE FORCE

『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)『ラブ・アゲイン』(2011)などで知られるスティーブ・カレル主演、米国宇宙軍設立のために人里離れた基地で繰り広げられる職場コメディシリーズ「スペース・フォース」が、2020年5月29日にNetflixにて独占配信されることがわかった。

空軍統括を夢見る勲章を授与されたパイロットである陸軍大将マーク・R・ネアード(カレル)は、6番目の米国軍隊組織”宇宙軍”の設立を任されて仰天する。疑い深いものの献身的であるマークは、家族を連れてコロラド州にある遠く離れた基地に引っ越すことに。そこで、マークと多彩な科学者、宇宙飛行士のチームは、ホワイトハウスから再びの月面着陸と一刻も早い宇宙空間の占拠を達成するミッションを任されることになるが…。

本企画は、2019年8月の米大統領ドナルド・トランプによる「アメリカ宇宙軍」発足の直後に発表されたもの。現実の宇宙軍発足を受けて企画が決定されたのかは不明だが、企画発表から2ヶ月後の10月には撮影も開始されていたことから、かなりのスピード感で製作が進行していたと考えられる。

本シリーズを手がけるのは、アメリカで人気のコメディシリーズ「The Office」(2005-2013)「パークス・アンド・レクリエーション」(2009-2015)の生みの親グレッグ・ダニエルズ。カレルとは、「The Office」以来のタッグとなる。カレルのほか共演者には、『マルコヴィッチの穴』(1999)のジョン・マルコヴィッチ、「フレンズ」(1994-2004)のリサ・クドロー、『ミスター・ガラス』(2019)のダイアナ・シルバーズ、『ソニック・ザ・ムービー』(2020)のベン・シュワルツ、「シリコンバレー」(2014-2019)のジミー・O・ヤン、「ジ・アメリカンズ」(2013-2018)の ノア・エメリッヒら、多彩なキャストが集結している。

Netflixオリジナルシリーズ「スペース・フォース」は、2020年5月29日独占配信開始。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly