トム・ホランド、スパイダーマン姿で小児病院を訪問、しかし子どもはバットマンのファンだった

『シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ』でスクリーン・デビューを果たし、2017年7月には単作『スパイダーマン:ホームカミング』の公開も控える、トム・ホランド演じる新スパイダーマン。彼が小児病院を訪れ、病気と戦う小さな子どもを勇気付ける…と思ったら、当の子どもがバットマンファンだったというちょっと切ないハプニングが起こった。

spider-man-visits-hospital

トム・ホランドは自身のInstagramアカウントに、この一連の様子を収めた動画を投稿。映画同様のスパイダーマン・スーツに身を包んだトムは、入院中の子どもの病室に勢い良く飛び込んでいく。周りの大人たちは、「これはすごいサプライズになりそうだわ」と色めき立っている。

spider-man-hospital-2

そしてコミックや映画さながらに子どもの前でポーズを決め、『親愛なる隣人』らしく気さくに話しかける。

spider-man-hospital-3

「ヘイ、バディ!スパイダーマンだよ!Nice to meet you!」

spider-man-hospital-4

「調子はどうだい?君、名前は?」

「ニコラス」

「ニコラス、会えて嬉しいよ!調子どう?」

spider-man-hospital-5

さて、このニコラスくんの来ているTシャツを見て欲しい。あろうことか、なんとDCのバットマンTシャツではないか。コウモリマークのデザインからすると、おそらく『バットマンvsスーパーマン』のマーチャンダイズと思われる。

spider-man-hospital-5

「スパイダーマンよりバットマンが好きなんだって?」と聞かれたニコラスくん、罪のないニッコニッコ笑顔で「うんうん」と頷く。
トムが「なんでだよ、バットマンの何がいいんだい?」とちょっとムキになって尋ねると、ニコラスくんは子どもらしい衝撃の言葉を口にする。

spider-man-hospital-6

“Poo-poo(うんち)”

これにはトム・ホランドも「ちょっと意味がわかんなけど、最高だぜ相棒」と答えるのがやっとの様子だ。

Daily Mail Onlineでは、ニコラスくんの”うんち”発言に対し、「Rotten Tomatoes?ニコラスくんこそ究極の批評家であった」と謎の評価を下している。

映画のヒーローを演じた俳優らは、現実世界でもヒーローであるために、しばしば子どもたちを勇気づけるためにこうして小児病院に訪れる事が多い。スパイダーマンことトム・ホランドは2016年9月にも病院を訪れ、子どもたちと交流している。

So precious.

✌️さん(@tomholland2013)が投稿した写真 –


一方、ドクター・ストレンジは子どものお誕生日会でイラついて子どもを一人消している。

【悲報】ドクター・ストレンジ、お誕生日会でイラついて子どもを消す

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は全米で2017年7月7日公開予定。

シビルウォー休戦!たった一人の癌患者のために、ロバート・ダウニーJrとクリエヴァが本当に来てくれた

脳腫瘍を患う5歳の少年の「フィンと一緒に友達にプレゼントを配りたい」という夢をジョン・ボイエガが叶えた

Source:http://batman-news.com/2016/11/22/tom-holland-hospital-spider-man-batman-better/
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-3963230/Spider-Man-Tom-Holland-laughs-criticism-young-fan-joins-Zendaya-visit-children-s-hospital.html
http://comicbook.com/marvel/2016/09/02/watch-tom-holland-visit-childrens-hospital-in-spider-man-suit/

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。