『スパイダーマン:ホームカミング』過去の映画版との最大の違いは“ピーター・パーカーの目的”!『アベンジャーズ』新作でも大活躍

2017年7月7日の『スパイダーマン:ホームカミング』全米公開に先がけて、主演のトム・ホランドがYahoo! MOVIESのFacebookライブに登場した。約30分の配信のなかで、ホランドは来る『スパイダーマン:ホームカミング』と過去の映画版『スパイダーマン』との最大の違いを明らかにしている。

最大の違いは“ピーター・パーカーの目的”


これまでの映画版『スパイダーマン』には、サム・ライミ監督による『スパイダーマン』3部作と、マーク・ウェブ監督による『アメイジング・スパイダーマン』2作品がある。これら5作品と『スパイダーマン:ホームカミング』の違いとして、すでに伝えられていることは、スパイダーマンがマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に参入していること、そしてピーター・パーカーの“若さ”である。

しかしホランドが述べた『ホームカミング』と従来作品の違いは、この2点とは異なるものだった。もっとも、この2点を両方同時に押さえた答えでもあるのだが……。

「ピーター・パーカーには常に目的がある。彼(『ホームカミング』のピーター)の目的はアベンジャーズに入ることなんだ。彼がすることはすべて――正しい理由があるにもかかわらず――いつかアベンジャーズに入るため、トニー・スタークに認めてもらうためのことなんだ。こんなモチベーションのスパイダーマンは今までに見たことがないよ」

すでに公開されている予告編でも、ピーターとトニーの“師弟関係”はとりわけ強調されている。しかし“アベンジャーズに入りたい”という目的をピーターが自覚していること、そのためのヒーロー活動だったとはいささか意外だ。ヒーローとしての資質とか、「大いなる力には大いなる責任が……」とか、全然そんなレベルじゃない。

『スパイダーマン:ホームカミング』場面写真解禁!15歳の高校生ピーター・パーカーは、真のヒーローになれるのか?

しかし今回のピーターが弱冠15歳であることを考えると、この目的には非常にリアリティがある。そもそも日々の高校生活で手いっぱい、自分のことで精いっぱい、けれどもスパイダーマンとしての力はある、そんな高校生の自意識と視野の狭さが融合すれば、「僕もアベンジャーズに入れるはず!入れてほしい!」という欲求ばかりが強くなるのは無理もない。問題は、そんなピーターをトニーがきちんと教育できるのかどうかだが……それはまた別の話だろう。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でも大活躍

ちなみにホランドは、今回のFacebookライブで『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題:Avengers: Infinity War)』の撮影についても少しだけ語っている。

「(撮影は)超ヤバいよ。ほんとに、マジで夢みたいな体験さ。だって『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の時は、クリス(・エヴァンス)とロバート(・ダウニー・Jr.)と少し仕事をしただけだったんだから。[中略]ほかのみんなは見たけど、一緒に仕事したわけじゃなかった。でも今では、みんなと一緒にセットにいて、悪いヤツらと戦ってるんだ。すごく目まぐるしいよ。ほんとに楽しいんだ」

ピーターは『ホームカミング』での望み通りにアベンジャーズに入ることができたのか、それともサノス対策で招集されただけなのだろうか? 『スパイダーマン:ホームカミング』には3部作構想があるだけに、1作目でアベンジャーズ入りを果たすとは思えないところもあるが……。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日公開。なお『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日全米公開予定だ。

Sources: http://screenrant.com/spider-man-homecoming-peter-parker-avenger/
http://www.cosmicbooknews.com/spider-man-has-larger-role-avengers-infinity-war
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。