『スパイダーマン:ホームカミング』上映時間が判明!ほ、ほんとにまとめきれるの?

映画『スパイダーマン:ホームカミング』の上映時間が判明した。今回の情報は、映画館チェーン「イベントシネマズ」のウェブサイトに掲載されていたもの。アメリカでの劇場公開が2017年7月7日に迫るなか、本国ではその全貌が少しずつ明らかになりつつある。

『スパイダーマン:ホームカミング』新予告編&ポスター解禁!シビル・ウォー中に余裕の自撮りをしていた事実が判明


本当にまとまるのか?2時間10分

イベントシネマズのウェブサイトによると、『スパイダーマン:ホームカミング』の上映時間は130分(2時間10分)。単純に1本の映画として考えるとやや長い気もするが、いかがだろうか。ちなみに近年のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品の上映時間を見てみると、最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が136分、『ドクター・ストレンジ』が115分、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が147分、『アントマン』が117分だ。こうして比較すると、MCU作品としては平均的な長さだといえそうである。

しかし『スパイダーマン:ホームカミング』は、本当に2時間10分で足りるのだろうか?

本作はスパイダーマンの単独映画としては新シリーズ第1作、いわば“MCUでのオリジン・ストーリー”となる。同じ条件の『ドクター・ストレンジ』『アントマン』、また『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』1作目の122分より長いことは、すでにそれ相応の充実した内容を思わせるだろう。また言うまでもなく、「映画は長ければ長いほど良い」というわけではない。しかしそれらの作品と『スパイダーマン:ホームカミング』が明らかに異なるのは、ストーリーの中核にトニー・スターク/アイアンマンという主役以外のヒーローが存在すること、そしてシリーズ1作目とは思えないほどヴィランの人数が多いことである。

『スパイダーマン:ホームカミング』のヴィラン・チーム、MCU作品と設定が繋がりまくり?ヴァルチャーの設定に続報も

すでに公開されている予告編やあらすじからは、本作が新『スパイダーマン』の第1作であると同時に“『アイアンマン』外伝”ともいえそうな内容をはらんでいることがうかがえる。『シビル・ウォー』をはじめ、MCUの他作品とのリンクも少なくはなさそうだ。すべてを真っ当に描けば『シビル・ウォー』の147分と同等の長さになっても一切不思議ではない。今回、マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズはスパイダーマンの物語を描きながら、そういった情報をどこまで織り込み、いかに今後の作品への橋渡しを試みているのだろうか?

今回発表された「130分」という上映時間には、スタッフ・クレジットや(おそらく存在するであろう)ポストクレジット・シーンも含まれているだろう。すなわち本編は正味120分で展開するとみられるため、きっと相当スピード感のある作品となるに違いない。しかし、幸い今回のピーター・パーカー/スパイダーマンは弱冠15歳の新人だ。そのフレッシュな魅力で130分間駆け抜ける、密度の高い“青春ヒーロー映画”の誕生に期待しよう。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日全国ロードショー

Sources: http://screenrant.com/spider-man-homecoming-runtime/
https://www.eventcinemas.com.au/Movie/Spider-Man-Homecoming
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。