【難易度5つ星】スパイダーマンが大量発生!本物のトム・ホランドはどれだ

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の予告編で、以前より出演が噂されていたスパイダーマンが“Hi, everyone”のセリフと共に、初めてその姿を披露したシーン。満を期してのスパイダーマンの登場に、テンションがMAXまで上がった方も少なくないだろう。アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrも「彼は最高だね」と評するなど、トム・ホランド演じる新生スパイダーマンは、多くの人に好意的に受け入れられているようだ。

さて、そんなスパイダーマンの単独映画『スパイダーマン:ホームカミング』の公開に先立ち、思わずくすっと笑ってしまうような動画が公開されている。ABCテレビによる人気トークライブ番組『ジミー・キンメル・ライブ!』に、スパイダーマンを演じるトム・ホランドがゲストとして登場したのだ。

『ジミー・キンメル・ライブ!』の司会者は、コメディアンであり俳優のジミー・キンメル。過去にも豪華ゲストが数多く登場した番組で、基本的にはトークライブの形をとるが、しばしばゲストとジミーがコントを繰り広げることもある。最近ではドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)が登場し、ジミーとギャラの件で揉めたあげく子供を消していた。今回、トム・ホランドも『スパイダーマン ホームカミング』のプロモーションのため少し変わった方法で出演している。

スパイダーマン軍団の襲来

番組は「スパイダーマンの予告編を見てたら、奥さんが“私、12歳(みたいに子供っぽい人)と結婚しちゃったわ…”っていう目で僕を見るんだよね、ハハハ」といったジミーの前口上から始まり、「『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を見た人は、スパイダーマンが映画で一番最高だったって知ってるよね」と一言、本題へ移る。スパイダーマンを演じたトム・ホランドの紹介をしながら「今日、この建物の外にスパイダーマンの大群がいます。本物は一人だけ、見つけられるかな?」とジミー。

カメラが一瞬スタジオの外に切り替わると、そこにはスパイダーマンのスーツを被った人・人・人…!

https://www.youtube.com/watch?v=Y8l37bHNp1U (C) ABC

https://www.youtube.com/watch?v=Y8l37bHNp1U (C) ABC

ジミーが「スパイダーマンズの登場です、どうぞ!」と一声かけると、スパイダーマン軍団は続々とスタジオに入ってくる。

https://www.youtube.com/watch?v=Y8l37bHNp1U (C) ABC

https://www.youtube.com/watch?v=Y8l37bHNp1U (C) ABC

https://www.youtube.com/watch?v=Y8l37bHNp1U (C) ABC

https://www.youtube.com/watch?v=Y8l37bHNp1U (C) ABC

おそらく100人以上はいるだろうか、途切れることのないスパイダーマン軍団に、思わずジミーも「まだ来てる……!」と言わんばかりに目が点になっている。まさに実写版『ウォーリーをさがせ!』ならぬ「トム・ホランドをさがせ!」である。

https://www.youtube.com/watch?v=Y8l37bHNp1U (C) ABC

https://www.youtube.com/watch?v=Y8l37bHNp1U (C) ABC

本物だけにできることって?

スパイダーマン軍団が出揃ったところで、ジミーは次々とマスクを剥がしていく。「君がトム・ホランド?違うね」「君も違う」。ぽっちゃり体型のスパイディには、マスクを剥がす前から「君は……明らかに違うね」と笑ってしまう事態に。

https://www.youtube.com/watch?v=Y8l37bHNp1U (C) ABC

https://www.youtube.com/watch?v=Y8l37bHNp1U (C) ABC

ジミーが「本物のスパイダーマンならできるような宙返りとか、この中で誰かできる?」と問いかけると、後方から「僕、できるよ!」という聞き覚えのある声が。名乗り出たそのスパイダーマンのために皆が道を空けると……彼は、実に見事なバク転を披露したのだ!

ジミーが彼のマスクを剥がし「彼こそがトム・ホランドです!」と高らかに宣言したところで、観客のボルテージは最高潮に達した。この日、ホランドが番組に出演したのは、『スパイダーマン ホームカミング』の予告編が解禁されたため。興奮も冷めやらぬ間に、ジミーの「そろそろ予告編を見ようか?皆待ちくたびれてるよ」とのフリで予告編が流れ始める。

【大解剖】『スパイダーマン ホームカミング』予告編、日本版とアメリカ版を比べてわかること

 新生スパイダーマンの身体能力の秘密とは

驚くべきホランドの身体能力だが、これはおそらく一日二日で身についたものではない。ホランドは舞台出身の俳優であり、2008年より3年間、ミュージカル『ビリー・エリオット』で、主人公であるバレエ・ダンサーのビリー役を演じていた。この役をゲットするため、またビリー役に決まってからも、血の滲むような思いでダンスや歌、アクロバティックな動きを練習したに違いない。ちなみに当時の映像がこちらである。

怪我をされては大変だと、俳優本人のアクションは事務所やスポンサーからストップがかかりそうなものだが、この度『ジミー・キンメル・ライブ!』でのバク転が許されたのも、長年の舞台で培われた彼の技術の賜物だろう。もちろん映画では全てのアクションを自分でこなしているわけではないようだが、それでも幾つかのアクションはトム自身によるものだと思うと、素直にスゴい

映画『スパイダーマン ホームカミング』は2017年8月11日に日本公開予定。個人的に、トム・ホランド版ピーターは明るすぎず暗すぎず、少しだけギークで、史上最高のスパイディだと思っている。大画面での活躍が待ちきれない!

『スパイダーマン:ホームカミング』のトム・ホランドは最高!ソニー会長が最新情報を明かす

Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=Y8l37bHNp1U
(C) ABC

About the author

分かりやすくて面白いものが好きなミーハーです。あと、揚げた魚も好きです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。