Menu
(0)

Search

スティーヴン・スピルバーグ、史上初の快挙達成!監督作品の総興行収入が100億ドルを突破 ― 第2位はピーター・ジャクソン

スティーヴン・スピルバーグ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36150879236/

最新作『レディ・プレイヤー1』が全世界で大ヒットを記録している巨匠スティーヴン・スピルバーグが、監督作品の総興行収入100億ドルを突破した史上初の映画監督となったことがわかった(全世界興行収入に基づく)。米Box Office Mojoの情報を発端として、米Entertainment Weekly誌など複数メディアが伝えている。

スピルバーグにとってキャリア史上最高のヒット作は、現在もなお熱狂的なファンを持つ『ジュラシック・パーク』(1993)の9億8,380万ドル(インフレ考慮せず)。続いて『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)の7億8,660万ドル、『E.T.』(1982)の7億1,700万ドルが並んでいる。
なお『レディ・プレイヤー1』は全世界興行収入で4億8,430万ドルを記録しており、全体の第6位に位置している状況だ(米国時間2018年4月17日現在)。

ちなみにスピルバーグに続く総興行収入の第2位は、映画『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズのピーター・ジャクソンで、65億2,000万ドル。第3位は『トランスフォーマー』シリーズなどで知られるハリウッドの“破壊王”ことマイケル・ベイで64億1,400万ドルだ。この数字の差を見るかぎり、両者ともスピルバーグの記録を抜くことは困難といっていいだろう……。
以下、ランキングの上位者にはジェームズ・キャメロンや『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・イェーツ、クリストファー・ノーラン、ロバート・ゼメキスといった顔ぶれが揃っている。

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』と『レディ・プレイヤー1』を並行して製作するなど、その勢いが衰えるところを知らないスピルバーグは、現在も複数のプロジェクトに携わっている。監督としては『インディ・ジョーンズ5(仮題)』とミュージカル映画『ウエスト・サイド物語』が控えているほか、DCコミックス原作映画『ブラックホーク(仮題)』でも監督を務める意向だと報じられたばかりなのだ。プロデュース作品も含め、今後もヒット作をたくさん届けてくれるに違いない……!

映画『レディ・プレイヤー1』は2018年4月20日より全国の映画館にて公開中。やっぱりハンバーガーの名前にされてもおかしくないキャリアなのでは?

Sources: EW, Box Office Mojo
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly