Menu
(0)

Search

スピルバーグ版『ウエスト・サイド・ストーリー』は「一級品」「輝きを放っている」、舞台版作詞家が絶賛

『ウエスト・サイド・ストーリー』
(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が、伝説的ミュージカル作品を再び映画化する『ウエスト・サイド・ストーリー』を、1957年に初演を迎えた舞台で作詞を務めたスティーヴン・ソンドハイムが絶賛している。「Maria」 「Tonight 」「America」など、心に響く名曲を手がけた人物である。

御年91歳を迎えたソンドハイムは、『ウエスト・サイド物語』をはじめ、『太平洋序曲』『スウィーニー・トッド』『イントゥ・ザ・ウッズ』など、数々のミュージカル作品で作詞・作曲を手がけてきた巨匠である。このたび、スティーヴン・コルベアが司会を務める米トーク番組に出演したソンドハイムは、スピルバーグ監督による新たな『ウエスト・サイド・ストーリー』を鑑賞済みだそうで、その感想をシェア。「ものすごくいいですよ」と太鼓判を押している。「みんな(劇場に)行ってください。良い時間を過ごせますから」。

また、「このショーをよく知っている人にとっては…」と前置いたソンドハイムは、「リアルなサプライズがいくつかあります」と往年のファンには嬉しい予告もしている。ソンドハイムによれば、本編で見られるサプライズについては、脚本のトニー・クシュナーが重要な役割を果たしているという。クシュナーは本作で、スピルバーグ監督と『ミュンヘン』(2005)『リンカーン』(2012)に続く再々タッグを組む。

クシュナーが、ストーリーでの曲の使い方を意識しながらとっても独創的で驚かされるようなことをやってのけています。全体が真の輝きを放っていて、真のエネルギーもあります。それでいて、新鮮味もあるんです。

続けてソンドハイムは、極めつけに「すごく一級品です」と発言。称賛が止まらない。最後には「ミュージカル映画は作るのが難しいと思うんです」と長年のキャリアで培った見識を踏まえながら、「スピルバーグとクシュナーは、ほんとうにバッチリきめています」と賛辞を送った。

サプライズといえば、本作には現代の若手キャストが起用されているなかで、1961年の映画版でシャークスのリーダーの恋人アニータを演じ、アカデミー助演女優賞を受賞したレジェンド女優リタ・モレノが帰ってくる。アンセル・エルゴート扮するトニーの良き理解者を演じているという。ソンドハイムは「いくつか」と言っていたが、他にもまだお披露目されていないサプライズもあるということだろうか。

ちなみに、ソンドハイムが生み出した劇中歌「Tonight」をフィーチャーした本作の日本語版予告編も到着している。以下にて、チェックしてみよう。

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』は、2021年12月10日(金)に全国ロードショー。

あわせて読みたい

Source: The Late Show with Stephan Colbert

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly