Menu
(0)

Search

スパイク・リー監督、新型コロナのワクチン完成まで新作撮影を見合わせか「映画館にも行きません」

スパイク・リー
Photo by Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Spike_Lee_Cannes_2018.jpg Remixed by THE RIVER

『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1989)『ブラック・クランズマン』(2018)の鬼才スパイク・リー監督は、新型コロナウイルスが脅威でなくなるまで、次回作の撮影には臨まないようだ。米Vanity Fairのインタビューにてリー監督自身が語っている。

ワクチンが完成するまでは、スタジオは撮影に踏み切らないですよコロナは最悪です。決して、遊んでいるわけではありません。甘く見ていたら殺されてしまいますよ。

リー監督は撮影だけでなく、どうやら趣味の自粛活動も貫く方針のようだ。「僕は映画館にも行きません。ブロードウェイやヤンキー・スタジアムにも」。監督の次回作として告知されているのは、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を翻案した同名コミックの映画版『プリンス・オブ・キャッツ(原題:Prince of Cats)』。撮影は2020年夏からアメリカ・ブルックリンで実施される予定だったものの、「今年の夏は無理ですね…」と延期する方針を固めている様子だ。

「どうやってラブシーンを撮るんですか?リモートで映画を撮影しろって言うんですか?どうやってやるのか、私には思い付きません。なので、今は一時中断しているところですね。」

ちなみにスパイク・リー監督は、中止となってしまった2020年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にて、審査員長を務める予定だった。来年5月に実施予定のカンヌ映画祭では再び同じポジションを務めるようだが、それまでにワクチンが完成しなければ、参加さえも危ういのかもしれない……。

スパイク・リー監督、新作はNetflix

Source: Vanity Fair , IndieWire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly