Menu
(0)

Search

ジェイミー・フォックス、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の撮影セットでダンスパーティーを開催していた

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)からエレクトロ役で復活しているジェイミー・フォックスはキャストとして参加するだけでなく、撮影現場の盛り上げ役として一役買っていたようだ。

『ノー・ウェイ・ホーム』の撮影は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で何度か撮影の延期を余儀なくされており、そんなストレスが溜まる状況をジェイミーが明るくしていたという。フランスのメディアSerieouslyの取材に、スパイダーマン役のトム・ホランドとMJ役のゼンデイヤが揃って登場。なんでも、自身の出演シーンがないのにセットに何度も顔を出すゼンデイヤに対し、ジョン・ワッツ監督が製作の邪魔をしないよう注意していたとのこと。しかし、フォックスは“セット立ち入り禁止”の例外だった模様。ゼンデイヤが撮影舞台裏のエピソードを語っている。

「私は、数日後に(撮影セットへ)行きました。もう戻れると思ったからです。戻ってもいいだろうと。そうしたら、ジェイミーがセットでダンスパーティーを主催していたんです。まさに、私がセットへ足を踏み入れるとライトが光っていて、リアーナがかかっていました。プロデューサーも俳優も、みんな踊っていたんです。完全にパーティーって感じでした。私は、“待って。私は(セットを)出て行かなくちゃいけなかったのに、ジェイミーはセットで本格的なダンスパーティーを始めているじゃない。だから撮影が遅れているのかもよ、みんな”と思いました。だけど最高でした。本当に彼は良いエネルギーをもたらして、彼が行く所はどこでも文字通りパーティーになるんです。」

フォックスは自身が演じる、強力な電気を放つエレクトロのごとく撮影セットを“ライトアップ”し、現場を活気づけていたようだ。そんな『スパイダーマン』シリーズの先輩としての心遣いが功を奏したのか、全世界興行収入で『ノー・ウェイ・ホーム』は2021年最大となる1o億ドルの大台を突破。世界中で空前の大ヒットとなっている。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、2022年1月7日より日本公開。

Source:Seriously

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly