Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ジェイミー・フォックスがマーベル史上最高に愉快な場面をみせる ─「僕はそれが大好きです」とトム・ホランド

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、ドクター・ストレンジの禁断の魔術により別世界へに扉が開かれ、ドクター・オクトパス、グリーンゴブリン、エレクトロなどシリーズのヴィランがユニバースを超えて襲来してしまうのだ。

先日公開された本作の第二弾予告編では、スパイダーマンがエレクトロと戦う姿が捉えられていた。『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)のメインヴィランのエレクトロをジェイミー・フォックスが堂々と再演している。主演のトム・ホランドいわく本作には、マーベル映画史上最高に愉快な場面”登場するようだ

「ジェイミー・フォックスがマーベル映画の中で、最も面白いシーンをみせてくれます。それはすべてのスーパーヒーロー映画をネタにするようなものなのですが、僕はそれが大好きです。素晴らしいですよ。」

“スーパーヒーロー映画をネタにする”とは具体的には一体何なのだろうか。“ネタバレ王子”と言われることさえあるトム・ホランドも、さすがにその詳細までは言及していない。しかしスーパーヒーロー映画といえば、コスチュームが共通して重要な存在として登場することが多いもの。ここでは、エレクトロのコスチューム/ビジュアルの変更から予想してみよう。

エレクトロは予告編を観て確認できる通り、『アメイジング・スパイダーマン2』とではビジュアル/コスチュームが似ても似つかぬほど異なっている。どちらかというと本作では、コミック版に寄せられた印象だ。また、『アメイジング・スパイダーマン2』とは異なり顔は青色ではない。『スパイダーマン』シリーズのプロデューサーであるエイミー・パスカルによると、ジェイミー・フォックスと出演契約を結ぶ際に、エレクトロの顔を青くしないことを約束していたという。もしかしたら、これらの変更に関する何らかの言及や皮肉が劇中で登場するのかも?

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、2022年1月7日(金)公開。

Source: Screen Rant , Comicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly