Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ジョン・ワッツ監督、自らサンドマンのモーションキャプチャーの一部を演じていた

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

世界中を席巻し、興行収益記録を塗り替え続けているマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームでは、過去フランチャイズからヴィラン5人がカムバック。そのうちの1人であるサンドマンに関しては、ジョン・ワッツ監督自身がモーションキャプチャーの一部を演じていたことが明らかになっている。

Comicbook.comのインタビューに、『ノー・ウェイ・ホーム』で特殊効果を手がけ、アカデミー賞特殊効果賞にノミネートされているDigital DomainのVFXスーパーバイザー、スコット・エデルスタインが登場。シリーズ第3作では、サンドマン役のトーマス・ヘイデン・チャーチとリザード役のリス・エヴァンスのシーンは過去シリーズからの映像を再利用した部分が多いとの情報や、ワッツ監督がチャーチの代役を務めた舞台裏話も披露している。

「撮影セットでは初めから、チームが撮影しているときにアイライン(俳優がシーンで演技をしている時に見る場所)やカメラ割り、そういった全てを設定する(サンドマンの)代役がいました。ですが、その代役による実際の顔の表情や体のパフォーマンスを、必ずしも使うわけではありません。従ってほとんどの場合は、そこに代役がいてもペイントしてプレートから消します。それから、チームが後にサンドマンになる複数の異なる要素を加わえ、時にそれは監督自身だったとこともあり、実際にジョン・ワッツが(サンドマンの)体のパフォーマンスや、キャラクターで表現したい顔の表情などを演じて撮影しました。

さらにエデルスタインは、ワッツ監督をはじめとするモーションキャプチャ―の代役が演じた表情や動きに合わせてチャーチの声を乗せ、サンドマンのカムバックが実現したと語っている。

サンドマンとリザードの他には、グリーンゴブリン役のウィレム・デフォー、ドクター・オクトパス役のアルフレッド・モリーナ、エレクトロ役のジェイミー・フォックスが復帰し、この3人は実際に撮影に参加してシーンを撮影している。まさに、シニスター・シックスならぬ“シニスター・ファイブ”と呼びたくなるヴィランの集結は、キャストとVFXアーティスト、その他のスタッフによる血と汗の結晶だと言えそうだ。

Source:Comicbook.com

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly