Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』あのふたり、お忍びで映画館に足を運んでいた ─「今でも信じられません」

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

この記事には、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。

本作では、ドクター・ストレンジの呪文により時空が歪み、ドクター・オクトパスやグリーンゴブリン、エレクトロなどといったピーター・パーカー/スパイダーマンの宿敵たちが勢揃いする。しかし、“全ての運命が集結する”本作にはさらなる衝撃の展開が待ち受けていた。それがトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドによるスパイダーマンの登場だ。

シリーズのヴィランたちの登場や、その役を歴代の俳優たちが再演することは公開前から判明済みだったが、トビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドがスパイダーマン役として復帰することは秘密とされていた。そのためふたりの俳優は、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のワールドプレミアには参加できなかったのだ。残念ながら記念すべき初上映の場に顔を出すことは許されなかったようだが、ふたりはひっそりと別の劇場で一緒に鑑賞していたのだという。

Entertainment Tonightのインタビューにてアンドリュー・ガーフィールドは、「マスクとベースボールキャップをかぶって、公開初日の夜に劇場に忍び込んで映画を観ました。実のところ、トビー(・マグワイア)と一緒にいたんです。誰ひとりとして僕たちがいることを知りませんでした」と明かしている。「今でも信じられません」としながら、「ふたりで時間を共有できたことは本当に素晴らしかったです」と感動している様子だ。

“親愛なる隣人”として世界中に感動をもたらしてきた先輩・後輩同士は、一体どんな会話を交わしたのだろうか。「愛している」と劇中のように伝えたのだろうか。想像するだけでも心がスウィングしてしまう。ちなみにふたりが劇場の忍び込んだ日に、アンドリュー・ガーフィールド&トビー・マグワイア&ジョン・ワッツ監督と出くわした幸運な男がいたようで、Twitterにてその写真が公開されている

Source:Entertainment Tonight

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly