Menu
(0)

Search

【更新】『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ヨンドゥ役マイケル・ルーカー、ジェームズ・ガン版『スーサイド・スクワッド』への出演交渉報道を否定

東京コミコン2017 マイケル・ルーカー
©THE RIVER

【更新 2019/5/13 AM11:15】

ジェームズ・ガン脚本・監督『ザ・スーサイド・スクワッド(邦題未定、原題:The Suicide Squad)』にマイケル・ルーカーが出演交渉に入ったとされる件について、マイケル本人がSNSにて報道を否定した。第一報を伝えたThe Wrapの記事を引用する形で、マイケルは「これは事実じゃない」とコメントしている。

なお、マイケルのコメントが出演報道を全面的に否定するものか、「キング・シャーク役を演じる」といった情報を部分的に否定するものかは不明。ガン監督作品に継続して出演してきたマイケルだけに、スタジオからの正式発表が待たれる。

以下は記事初出時の情報である。


『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのヨンドゥ役で知られるマイケル・ルーカーが、ジェームズ・ガン脚本・監督による『ザ・スーサイド・スクワッド(邦題未定、原題:The Suicide Squad)』の出演交渉に入ったという。米The Wrapが報じた。

ガン監督の出世作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズで、主人公ピーター・クイル/スター・ロードの“父親代わり”であるヨンドゥを演じたルーカーは、ガン監督の第1作『スリザー』(2006)や第2作『スーパー!』(2010)にも出演。ガンとは公私ともに盟友であり、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(邦題未定、原題:Guardians of the Galaxy Vol.3)』からガン監督が一時解雇された際にはディズニーの対応に苦言を呈していた

ジェームズ・ガン
ジェームズ・ガン Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28557194032/

報道によれば、ルーカーが交渉に入っている役柄はネイナウ/キング・シャーク。コミックには1994年に初登場した“人型のサメ”というスーパーヴィランで、かつてはシリアルキラーだったという設定だ。スーサイド・スクワッドのメンバーに加わっているほか、アーサー・カリー/アクアマンとの繋がりもある。ちなみに、ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」(2014-)で実写作品にも登場済みだ。

なおルーカーの出演交渉報道は、2019年5月10日12時(日本時間)時点でThe Wrapが単独で伝えている状況にあり、そのほか大手メディアは報じていない。さらなる続報の到着が待たれるところだ。

『ザ・スーサイド・スクワッド』にはキャプテン・ブーメラン役のジェイ・コートニー、アマンダ・ウォラー役のヴィオラ・デイヴィスが続投。ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビーも出演するとみられている。そのほか新キャストとして、『マイティ・ソー』シリーズや『パシフィック・リム』(2013)のイドリス・エルバ、『バンブルビー』(2018)のジョン・シナ、『アントマン』シリーズのデヴィッド・ダストマルチャン、新鋭女優ダニエラ・メルシオールが参加。個性豊かなチームが完成する予感…!

映画『ザ・スーサイド・スクワッド(邦題未定、原題:The Suicide Squad)』は2021年8月6日に米国公開予定。なお、ジェームズ・ガン監督は本作を経たのちに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』に着手する。

Source: The Wrap

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly