『スーサイド・スクワッド』続編の監督・脚本に『ザ・コンサルタント』ギャヴィン・オコナーが就任へ

DCエクステンデッド・ユニバース作品スーサイド・スクワッド』(2016)の続編にて、『ザ・コンサルタント』(2016)のギャヴィン・オコナーが脚本・監督を務める方向であることがわかった。米Deadlineおよびバラエティ誌によると、オコナーは現在ワーナー・ブラザース社との交渉の最終段階にあるという。

『スーサイド・スクワッド』続編、これまでの経緯

『スーサイド・スクワッド』は、デッドショット(ウィル・スミス)やハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)、ジョーカー(ジャレッド・レト)といったDCコミックスの有名ヴィランがチームを結成するという趣向のアクション映画で、脚本・監督は『フューリー』(2014)などのデヴィッド・エアーが務めていた。
ただしエアーは続編を監督せず、すでにハーレイ・クインが主人公のスピンオフ作品『ゴッサム・シティ・サイレンズ(仮題)』の製作に着手している。

スーサイド・スクワッド

SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

これまでワーナーは、エアーに代わって『スーサイド・スクワッド2(仮題)』でメガホンを取る監督を探しつづけてきた。しかし最有力候補といわれたメル・ギブソンはスケジュールの都合で契約に至らず、つづく有力候補とされたジャウム・コレット=セラもディズニー映画『ジャングル・クルーズ(原題:Jungle Cruise)』の監督に就任してしまったのだ。

このたび起用が現実的になりつつあるオコナー監督は、前作を手がけたエアー監督にも比較的近い系統の、硬派なアクション演出が特徴の人物だ。その人選はきわめて自然だということもできるだろう。
なお米Deadlineは、『スーサイド・スクワッド2』でギャヴィン・オコナーとともに脚本を執筆する人物としてアンソニー・タンバキスの名前を報じている。オコナー監督とは2011年『ウォーリアー』でもタッグを組んだ人物とあって、そのエモーショナルなストーリーテリングが再び冴えわたることにも期待できそうだ。

なお本作の撮影は、ウィル・スミスほか出演者のスケジュールにより2018年秋よりスタートするとみられている。

映画『スーサイド・スクワッド』はブルーレイ&DVDが現在発売中

Sources: http://deadline.com/2017/09/gavin-oconnor-to-direct-suicide-squad-2-1202163066/
http://variety.com/2017/film/news/suicide-squad-2-gavin-oconnor-writer-director-1202549203/
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。