バッキー役セバスチャン・スタン、単独映画『ブラック・ウィドウ』出演に意欲!今後も演じる意志示す

映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)からスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカの親友バッキー・バーンズ役を演じてきたセバスチャン・スタンが、今後もバッキー役を演じていく意志を語った。現在企画が進行していると報じられた、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウの単独映画にも出演の意欲を示している。

『ブラック・ウィドウ』出演、今後の活躍を「願っています」

2018年4月8日(現地時間)、英国ロンドンでの『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』試写イベントに登場したスタンは、伊Bad Tasteの取材で『ブラック・ウィドウ(仮題)』への興味を問われると「もちろん!いつでも準備できてますよ」と答えた。


「(バッキーとブラック・ウィドウには)とても良い歴史がありますよね。すごく複雑ですよ……実際、コミックのバッキーは彼女を指導していたんですから。冷戦下という非常に具体的で、しかも興味深い設定です。スパイ風、スリラー風、ノワール風の物語で。(『ブラック・ウィドウ』では)そういうところを深められたらすごく面白いでしょうね。そうだったらいいなと思いますよ。」

現時点で単独映画『ブラック・ウィドウ』のストーリーがどうなるのかは不明だが、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)において、ブラック・ウィドウの過去はわずかに示唆されている。キャラクターの背景が前日譚として描かれれば、マーベル・シネマティック・ユニバースのファンにとって非常に魅力的なストーリーになることは間違いないだろう。

また英Hey U Guysの取材にて、スタンは今後もバッキー役を演じる意志を明かしている。ただし『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)以降、再登場の予定はまだ立っていないようだ。

 

「(今後)起こるかもしれないことについて、(マーベルと)話し合いをしました。バッキーはどこへ向かうのか、どこへ向かわないのかって。でも、予想するのはすごく難しいんです。だってファンのみなさん次第、あらゆる出来事次第で、時間をかけて決まるものですから。[中略]ウィンター・ソルジャーの(単独)映画や、あらゆる可能性があると思います。ここまで来られて本当にうれしいんです、今後も続いていくことを願っていますよ。」

この言葉からは、ひとまず『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ』第4作の撮影を終えて、スタンがほっとしているらしいことがうかがえる。過去10年間の集大成でどんな活躍を見せてくれるのか、今はそちらへの期待に集中することにしよう。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Sources: Bad Taste, HUG

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。