Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』観客スコア、シリーズ最高値で発進

ワイルド・スピード/スーパーコンボ
©UNIVERSAL PICTURES

大人気カーアクションシリーズ初のスピンオフ作品となった『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』が2019年8月2日より日米同時公開。米映画レビューサイトRotten Tomatoesの観客スコアでは、シリーズ最高値を持って迎え入れられた。

『ワイルド・スピード』シリーズ 観客スコアランキング

  1. 90%:『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)
  2. 84%:『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)
  3. 83%:『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011)
  4. 82%:『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)
  5. 74%:『ワイルド・スピード』(2001)
  6. 72%:『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)
  7. 69%:『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)
  8. 67%:『ワイルド・スピード MAX』(2009 )
  9. 50%:『ワイルド・スピードX2』(2003)

※2019年8月4日時点。

なお、批評家からの評価を示すトマトメーターは67%で、『ICE BREAK』と同点のシリーズ4位となった。

『ワイルドスピード/スーパーコンボ』米興行収入は、初日で2,370万ドル、本記事時点で翌3日はおよそ9,000万ドルの見立て。初週末の海外市場における予想記録は1億2,070万ドルで、全世界累計では1億8,070万ドルを稼ぎ出すと見られる。シリーズ最高の興収を記録した『SKY MISSION』の米初週末記録は1億4,719万ドルだった。シリーズの人気が特に高く、好成績が期待される中国では8月23日に公開予定だ。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ
©UNIVERSAL PICTURES

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』は、超重量級のクルマを操る追跡のプロ元FBI特別捜査官ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と、超高級なクルマを駆る元MI6エージェント デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)というワイスピ・ファンにはおなじみの2人を主役に迎えた、新たな戦いの幕開けを描く。

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』は2019年8月2日(金)より大ヒット公開中

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』公式サイト:https://wildspeed-official.jp/

※お詫び
記事初出時、興行収入データに誤記がございました。お詫び致します。

Source:Rotten Tomatoes,Box Office Mojo,Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly