Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』ドラマ版、第3のシリーズ企画が進行中 ─ 「ザ・マンダロリアン」『ローグ・ワン』前日譚に続く一作、配信サービス「Disney+」にて

スター・ウォーズ

ディズニー/ルーカスフィルムは、『スター・ウォーズ』の“第3のドラマシリーズ”を水面下で進行しているようだ。2019年5月14日(米国時間)、米国のカンファレンス・イベント「モフェットナサンソン メディア&コミュニケーションズ・サミット」で、ウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・アイガーCEOが語った。

『スター・ウォーズ』3年間の空白埋める

ルーカスフィルムは、2019年12月20日公開『スター・ウォーズ/ライズ・オブ・スカイウォーカー(邦題未定、原題:Star Wars: The Rise of Skywalker)』をもって『フォースの覚醒』(2015)に始まった新3部作を、そしてシリーズを一貫してきたスカイウォーカー・サーガを完結。その後、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-)のデイヴィッド・ベニオフ&D・B・ワイスが執筆する新作(タイトル未定)を2022年12月に公開するまで、映画作品は3年間の休止に入る。

もっとも、ディズニー/ルーカスフィルムが『スター・ウォーズ』というコンテンツをまったく動かさずに3年間を送るはずはなかった。映像配信サービス「Disney+」では、すでに2本のドラマ作品が配信されることが決定済みなのだ。しかしアイガー氏によれば、控えているのは2本かぎりではないらしい。

「(『ライズ~』から2022年までの間に)Disney+では『スター・ウォーズ』の実写シリーズを2本製作します。ひとつはジョン・ファヴローが指揮する『ザ・マンダロリアン』で、もうひとつは『ローグ・ワン』の前日譚です。次回作(2022年新作)の公開までに、Disney+では、『スター・ウォーズ』の実写シリーズを少なくとももう1本製作することになるでしょう。」

ここで示唆されたのは、作品の詳細がまったく予想できない“第3のドラマシリーズ”の存在だ。これら3本を断続的に発信することによって、ディズニー/ルーカスフィルムは『スター・ウォーズ』熱を冷まさない、そして「Disney+」の求心力を高めていく狙いだろう。

現に、『アイアンマン』(2008)や『ジャングル・ブック』(2016)のジョン・ファヴローら豪華監督陣による「ザ・マンダロリアン(原題:The Mandalorian)」は順調に製作が進められており、シリーズ初のドラマシリーズとして2019年11月12日に米国配信予定。ディエゴ・ルナ演じるキャシアン・アンドーを主人公とする『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)前日譚ドラマ(タイトル未定)は2021年配信予定とされている。ここにもう1本加われば、『ライズ~』から2022年の新作までの3年間も『スター・ウォーズ』が途切れる隙間はさほどなくなる。すべて追いかけるファンにとっては、新3部作とスピンオフ作品が概ね1年スパンで公開されてきたより短く感じることもありそうだ。

2019年5月16日現在、ルーカスフィルムが進めているらしい『スター・ウォーズ』第3のドラマシリーズについてはタイトルをはじめ一切の情報がわかっていない。映画の休止期間、ドラマの世界ではいったい何が起こるというのか…?

「ザ・マンダロリアン」『ローグ・ワン』前日譚、わかっていること

Source: /Film

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly