Menu
(0)

Search

アナキン・スカイウォーカーが帰ってくる ─ 『スター・ウォーズ』新アニメか、声優が示唆

スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ
© & TM 2016 Lucasfilm Ltd.

スター・ウォーズ』のアナキン・スカイウォーカーが登場する何らかの新企画が、ルーカスフィルムにて準備されているようだ。「クローン・ウォーズ」などでアナキンの声優を務めたマット・ランターが、米Entertainment Weeklyで示唆している。

「ルーカスフィルムの新作アニメがいくつか動いています。まだお話できないのですが、僕もいくつか携わっています。またアナキンに会えますよ。」

「まだアナキン役は降りていません」とも語るランター。到来を示唆した新作については「ビデオゲームでも、ルーカスフィルムの新アニメでもね」とはぐらかしているが、ともかくアニメ版のアナキン・スカイウォーカーが新企画で帰ってくるらしい。

アナキンの再登場と聞いてまず考えつくのが、新作アニメの「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」。「クローン・ウォーズ」に登場した異端のエリート・クローン部隊を主人公にするシリーズで、2021年5月4日よりにDisney+(ディズニープラス)で独占配信となる。もっとも、この作品の舞台は『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)より後の設定で、その頃にはアナキンはダース・ベイダーとなっているはず。「スター・ウォーズ 反乱者たち」にも登場したアニメ版のダース・ベイダーは実写映画と同様ジェームズ・アール・ジョーンズが担当しているから、これとは別の機会となるだろう。

ベイダー以前のアナキンということであれば、それは共和国時代の物語にはるはずだし、「クローン・ウォーズ」からの新たなスピンオフが企画されていると考えることもできる。あるいは、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)のラストに登場したフォースゴースト姿のアナキンが、ルーク・スカイウォーカーや新世代のジェダイたちに教えを……、なんて可能性を想像してみるのも良いだろう。ファンの声に応える形で実現した「クローン・ウォーズ」フィナーレのシーズン7に引き続き、また新しい楽しみが登場するのかもしれない。「『スター・ウォーズ』のファンにとって、新作がやってくるのは嬉しいですよね」と、ランターはコメントしている。

“選ばれし者”の新たな物語をファンは楽しみに待っているから、”ドギツい交渉”なくスムーズに実現してくれれば嬉しい。ちなみに実写版のアナキンを演じたヘイデン・クリステンセンは、単独ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」でダース・ベイダーを再演する

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly