『スター・ウォーズ エピソード9』脚本の再執筆が決定 ― 『ハリー・ポッター』舞台版の脚本家が新たに参加

映画『スター・ウォーズ』シリーズの新3部作完結編、『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』の脚本が再執筆(リライト)されることがわかった。本作の撮影は2018年1月から予定されており、2017年4月の時点で脚本の草稿は完成していると報じられていた。

今回ハリウッド・レポーター誌が独自に入手した情報によると、『スター・ウォーズ エピソード9』に、イギリスの作家であるジャック・ソーンが新たに加わることになったという。主に舞台やテレビドラマで活動している人物で、日本でも戯曲が出版された舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の脚本に携わったほか、映画『ぼくのエリ 200歳の少女』(2008)が舞台化される際にも脚本を担当している。

これまで『スター・ウォーズ エピソード9』の脚本は、監督を務めるコリン・トレボロウと、その執筆パートナーであるデレク・コノリーが担当していた。一時は『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』(2017年12月15日公開)のライアン・ジョンソン監督が原案を担当したともいわれていたが、これはのちにジョンソン監督自身が否定している
ハリウッド・レポーター誌によると、今回ジャック・ソーンが起用されたことは「他人に見てもらうことが必要」という判断によるものだという。なお、リライトの規模がどの程度になるのかはわかっていない。

以前トレボロウ監督は、『エピソード9』の脚本を、ルーカスフィルムの脚本チームやキャスリーン・ケネディ社長、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980)などを執筆したローレンス・カスダンらと共同で進めてきたことを明かしていた。そのうえで「これこそ僕たちが届けられる最も満足できて感動的な結末」だと自信をにじませていたわけだが、その後、いったい何があったのだろう?

ちなみに米国ではトレボロウ監督の最新作『ザ・ブック・オブ・ヘンリー(原題:The Book of Henry)』が非常に厳しい評価を受けており、一部『スター・ウォーズ』ファンはトレボロウ監督の登板に懐疑的な見方を示していた。もっとも同作はトレボロウ自身の脚本ではないため、リライトはその影響ではないとみられるが……。

映画『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』は2019年5月24日より全米公開予定

Sources: http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/star-wars-episode-ix-gets-a-new-writer-1026003
http://collider.com/star-wars-9-new-writer-jack-thorne/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。