Menu
(0)

Search

米ディズニー「スター・ウォーズ・ランド」に作曲家ジョン・ウィリアムズが楽曲提供 ― アトラクション新情報も到着

ジョン・ウィリアムズ
Photo by TashTish https://en.wikipedia.org/wiki/File:John_Williams_tux.jpg Remixed by THE RIVER

米国ディズニーランドにて建設の進められている、『スター・ウォーズ』史上初のテーマパーク「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ(Star Wars: Galaxy’s Edge)」に、シリーズの重鎮作曲家であるジョン・ウィリアムズが音楽を提供したことがわかった。米Varietyなど複数のメディアが伝えている。

ジョン・ウィリアムズといえば、『スター・ウォーズ』シリーズおなじみのテーマ曲をはじめ、メイン・サーガ作品の音楽を『エピソード4/新たなる希望』(1977)から『エピソード9(仮題)』(2019)まで全作品手がけてきた人物だ。アナザー・ストーリー(スピンオフ)作品である『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)にもテーマ曲を提供していた。

米ディズニー・パークスの公式YouTubeチャンネルでは、ウィリアムズによる「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のテーマ曲をロンドン交響楽団が演奏する映像が公開されている。なお米Entertainment Weeklyによれば、ウィリアムズは本テーマパークのためにテーマ曲以外にも新たな楽曲を書き下ろしたということだ。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は米カリフォルニア州のディズニーランドとフロリダ州オーランドのディズニー・ハリウッド・スタジオの2ヶ所にて建設が進められており、それぞれ2019年の夏・秋にオープン予定。舞台となるのは新たな惑星バトゥーで、独自のコンセプトによるリゾートホテルが登場するほか、ブルーミルクをはじめとした『スター・ウォーズ』ならではの飲食物も味わえるという。

なおディズニー・パークスのボブ・チャペック氏によると、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のオープン時には2種類のアトラクションが登場するとのこと。ひとつはおなじみミレニアム・ファルコン号にパイロットとして乗り込むことができる「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン(Millennium Falcon: Smugglers Run)」、もうひとつはファースト・オーダーとレジスタンスの戦闘に来場者を送り込む「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・レジスタンス(Star Wars: Rise of the Resistance)」だ。

これら2種類のアトラクションについても、米ディズニー・パークスは公式YouTubeチャンネルにて告知映像を公開している。

Source: Variety, EW

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly