Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』タイカ・ワイティティ版、2022年内には撮影されず ─「物語を考えているところ」と監督

タイカ・ワイティティ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48471003532/

『マイティ・ソー』シリーズや『ジョジョ・ラビット』(2019)などのタイカ・ワイティティが監督を務める、『スター・ウォーズ』シリーズ最新作は脚本執筆が進められている最中だ。気になる撮影時期についてだが、どうやら2022年内に開始されることはなさそうだ。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)以降初となる、『スター・ウォーズ』の新作映画は、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長より2023年後半の米国公開を目指していることが伝えられていた。これにより、2022年内に撮影が開始されることが予想されるようになったのだが、米The Wrapのインタビューにてワイティティは、「今年ではありません」と噂されている撮影時期を否定している。2022年内は別作品の製作が控えているという。

「8月から年末にかけて、『Our Flag Means Death/海賊になった貴族』と『Time Bandits(原題)』のため、ニュージーランドに滞在している予定なんです。その間も本作の脚本執筆を続けますよ。」

ストーリーを考えているところなんです」と、本作の撮影にはまだ臨める状態ではないというワイティティ。脚本は、『1917 命をかけた伝令』(2019)をはじめ、『ラストナイト・イン・ソーホー』(2021)のクリスティ・ウィルソン=ケアンズとともに共同執筆中だ。

その内容についてワイティティは、「『スター・ウォーズ』映画だと感じられるように意識しています」としながらも、「『スター・ウォーズ』のユニバースを広げるためには、拡大していかないといけません」とも過去の取材にて語っていた。『スター・ウォーズ』の世界観を継承しながらも、既存のキャラクターではなく、新たな登場人物を中心とした物語を模索中とのことだ。

Source:The Wrap

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly