Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』新作映画、タイカ・ワイティティ監督が脚本を執筆開始

タイカ・ワイティティ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36201776766/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)『ジョジョ・ラビット』(2019)のタイカ・ワイティティ監督が、スター・ウォーズ新作映画(タイトル未定)の脚本作業に着手していることがわかった。

BBCのインタビューに登場したワイティティは、次回作について尋ねられるや「脚本を書いているところです」と答えた。「“それって『スター・ウォーズ』のことですか?”って感じですよね。どう答えるべきなのかな…イエスです」。ワイティティらしいジョークも交えた語り口だが、現時点で作品のアイデアなどは何も語られていない。

ワイティティが『スター・ウォーズ』の新作映画を手がけるとの話題は、2020年1月に契約交渉の第一報が伝えられたのち、同年5月4日(スター・ウォーズの日=May the 4th)に正式発表された。ワイティティは脚本・監督を務め、共同脚本には『1917 命をかけた伝令』(2019)のクリスティ・ウィルソン=ケアンズが就任している。なおワイティティは、『スター・ウォーズ』初のドラマシリーズ「マンダロリアン」(2020-)でIG-11の声を担当、シーズン1最終話の監督として絶賛を浴びた実績の持ち主だ。

本記事現在、ワイティティは次回作『Next Goals Win(原題)』の撮影を終えており、2021年初頭には『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』の撮影に着手予定。ディズニー/ルーカスフィルムは『スター・ウォーズ』の新作映画を2023年・2025年・2027年に公開予定だが、ワイティティの新作がいずれかにあてはまるのか、そうでないかは発表されていない。そういえば、製作保留になったハリウッド版『AKIRA』は……?

あわせて読みたい

Source: BBC

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly