Menu
(0)

Search

『ターミネーター』新作も米国公開日変更、リブート版『チャーリーズ・エンジェル』と直接対決へ ― 『ワンダーウーマン』続編の影響大か

アーノルド・シュワルツェネッガー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/7588449480/

アーノルド・シュワルツェネッガー主演、『ターミネーター』シリーズの新作映画(タイトル不明)の米国公開日が変更されたことがわかった。先日から話題作の公開延期やスケジュール変更が相次いでいるが、本作も一連の動きに影響を受けた形とみられる。米Deadlineほか複数のメディアが伝えている。

『ターミネーター』シリーズの6作目となる新作映画は、これまで2019年11月22日の米国公開予定と告知されていた。しかし米パラマウント・ピクチャーズは公開予定を約3週間繰り上げ、米国公開日を2019年11月1日に再設定している。先立って公開日を変更していたリブート版『チャーリーズ・エンジェル(邦題未定、原題:Charlie’s Angels)』と同日の劇場公開となる。

実は、『ターミネーター』新作映画が米国公開日を変更するのは今回が初めてではない。2018年4月、諸般の事情によって2019年7月26日から同年11月22日へと公開日を約4ヶ月延期していたのだ。

では、なぜそこから公開日を3週間も繰り上げることになったのか。その大きな理由とみられるのが、DCコミックス原作映画『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』の米国公開日が2019年11月1日から2020年6月5日へと約7ヶ月延期されたことだ。『ターミネーター』の新たな公開日は、もともと『ワンダーウーマン 1984』が公開される予定だった日なのである。

『ワンダーウーマン』は米国で4億1,260万ドル、全世界で8億2,180万ドルという興行収入を達成、女性監督作品としては史上第1位の記録を樹立した。こうした前例を受けて、ライバルの大手スタジオは自社作品を『ワンダーウーマン 1984』と直接対決させない方針だったとみられる。『チャーリーズ・エンジェル』を製作するソニー・ピクチャーズは、『ワンダーウーマン 1984』の公開延期が発表された直後に11月1日への公開日変更を発表。パラマウントも『ターミネーター』のスケジュール変更をさほど間を空けずに決定している。

いささか興味深いのは、結果的にソニーとパラマウントの注目作が激突すること、また1976~1981年に“元祖”のテレビドラマ版が放映された『チャーリーズ・エンジェル』、1984年に第1作が公開された『ターミネーター』の最新作が同日に公開されることだ。もっといえば『ターミネーター』新作映画は、サラ・コナー役を再演するリンダ・ハミルトンのほか、新キャストのナタリア・レイエス&マッケンジー・デイヴィスという“3人の女性”を前面に押し出しているのである……。

『ターミネーター』シリーズの通算6作目となる本作には、プロデューサーとしてジェームズ・キャメロンが登板する『ターミネーター2』(1991)の正統な続編。シュワルツェネッガー&ハミルトンのほか、主役級の人物ダニ・ラモス役にコロンビア出身の新鋭女優ナタリア・レイエス、その兄役にディエゴ・ボネータ、新ターミネーター役でドラマ「エージェント・オブ・シールド」(2013-)のゴーストライダー役で知られるガブリエル・ルナ、また『ブレードランナー 2049』(2017)のマッケンジー・デイヴィスが起用されている。

映画『ターミネーター』新作(タイトル不明)は2019年11月1日に米国公開予定

Sources: Deadline, Variety
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly