Menu
(0)

Search

リブート版『チャーリーズ・エンジェル』米国公開が約1ヶ月延期 ― 『ワンダーウーマン 1984』元公開日に移動へ

チャーリーズ・エンジェル
[左]Photo by Georges Biard https://en.wikipedia.org/wiki/File:Kristen_Stewart_Cannes_2014.jpg [中]Photo by THE RIVER [右]Photo by Michael Shelford https://en.wikipedia.org/wiki/File:Ella_Balinska.jpg Remixed by THE RIVER

同名人気ドラマシリーズを原案とする、リブート版映画『チャーリーズ・エンジェル(邦題未定、原題:Charlie’s Angels)』の米国公開日が変更された。米DeadlineVarietyが報じている。

米ソニー・ピクチャーズは、リブート版『チャーリーズ・エンジェル』を、当初予定されていた2019年9月27日から2019年11月1日へと変更したことを発表。近頃ハリウッドでは大作映画や話題作のスケジュール変更が相次いでいるが、本作も約1ヶ月の公開延期となった。

チャーリーズ・エンジェル
新たなエンジェル3人[左]Photo by Georges Biard https://en.wikipedia.org/wiki/File:Kristen_Stewart_Cannes_2014.jpg [中]Photo by THE RIVER [右]Photo by Michael Shelford https://en.wikipedia.org/wiki/File:Ella_Balinska.jpg Remixed by THE RIVER

新たな公開日として設定された2019年11月1日は、実はワーナー・ブラザース&DCコミックス製作『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』の米国公開日として予定されていた日付である。しかし2018年10月22日(米国時間)、ワーナーは同作の公開を「夏がふさわしい」として2020年6月5日に延期したことを発表。リブート版『チャーリーズ・エンジェル』の公開日変更は、この報道から間髪入れずに発表されたものだ。

今回の公開日変更によって、リブート版『チャーリーズ・エンジェル』は、公開翌週にハリウッド実写映画版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ(邦題未定、原題:Sonic the Hedgehog)』、人気スパイ映画『キングスマン』の新作映画(タイトル未定)、浅野忠信や國村隼らが出演するローランド・エメリッヒ監督の海戦映画『Midway(原題)』と激突することになる。それぞれジャンルもターゲットも異なるが、映画ファンにとっては“激戦区”といって差し支えないだろう。

ちなみにDeadlineは、キャメロン・ディアス&ドリュー・バリモア&ルーシー・リューが主演を務めた、2000年製作の映画版『チャーリーズ・エンジェル』が2000年11月3日に米国公開を迎えていたことを指摘している。同じ週末の米国公開となるのは偶然か必然か、そしてスタジオ側にはなんらかの意図があるのか……。

『チャーリーズ・エンジェル』は1976~1981年にテレビドラマが放映され、2000年代には新キャストによる映画版が大ヒット。チャーリー・タウンゼント探偵事務所で働く3人の女性と彼女たちが挑む事件をめぐる物語で、本作ではシリーズの世界観を継承し、世界を股にかける規模となったタウンゼント事務所で活躍する“新時代のエンジェルたち”が描かれるという。

主人公となる3人のエンジェルを演じるのは、『トワイライト』シリーズや『パーソナル・ショッパー』(2016)などのクリステン・スチュワート、『パワーレンジャー』(2017)のナオミ・スコット、ドラマで活躍するイギリス人女優エラ・バリンスカ。姿を見せないチャーリー所長とエンジェルをつなぐボスレー役は、本作で監督・脚本を務める女優エリザベス・バンクス、『X-MEN』プロフェッサーX役や「新スター・トレック」(1987-1994)のピカード艦長役のパトリック・スチュワートが演じる。なお、本編の撮影は2018年9月から開始されている

リブート版映画『チャーリーズ・エンジェル(邦題未定、原題:Charlie’s Angels)』は2019年11月1日に米国公開予定

Sources: Deadline, Variety
Eyecatch Image: [左]Photo by Georges Biard [中]Photo by THE RIVER [右]Photo by Michael Shelford Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly