Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』『スパイダーマン』米ティーン賞を席巻、『アラジン』も ─ 音楽部門はショーン・メンデス&ビリー・アイリッシュ、K-POPも選出

アベンジャーズ/エンドゲーム
ⒸMarvel Studios 2019

2019年8月11日(現地時間)、米国のティーンエイジャーが映画・ドラマ・音楽のすぐれた作品を選出するThe Teen Choice Awards 2019(ティーン・チョイス・アワード)の授賞式が行われた。時代の最先端を突き進むティーンたちがSNSで投票を行う本賞は、まさしく現代を映す鏡のひとつ。興味深い作品も選ばれているので、ぜひ細かくチェックしてほしい。

映画部門、ディズニー/マーベル旋風つづく

アワードの映画部門で前年(2018年)に続いて大きな存在感を見せつけたのは、ディズニー/マーベル作品だ。アクション映画部門を席巻したのは、やはりアベンジャーズ/エンドゲーム。作品賞のほか、アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.が男優賞、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンが女優賞を射止めた。この組み合わせは前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)と同じもので、いかにマーベル・シネマティック・ユニバース作品がティーンから熱い視線を浴びているかがわかるというものである。なお、ヴィラン賞にはサノス役のジョシュ・ブローリンが選ばれている。

アベンジャーズ/エンドゲーム

SF/ファンタジー部門は、ガイ・リッチー監督による実写版アラジンが作品賞を受賞。男優賞はジーニー役のウィル・スミス、女優賞はジャスミン役のナオミ・スコットが選ばれた(なお、音楽部門の映画楽曲賞はゼイン&ジャヴァイア・ワードの「A Whole New World」が受賞)。サマー・ムービー部門はスパイダーマン:ファー・フロム・ホームが制覇。作品賞をはじめ、男優賞をスパイダーマン役のトム・ホランド、女優賞をミシェル(MJ)役のゼンデイヤがさらった。

アラジン
『アラジン』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

注目したいのは、ドラマ映画部門を総なめにした『アフター』だ。作品賞、男優賞(ヒーロー・ファインズ・ティフィン)、女優賞(ジョゼフィーン・ラングフォード)を獲得した本作は、いわゆる学園モノの恋愛映画で、米国の批評サイトRotten Tomatoesでは批評家スコア18%という酷評ながら観客スコアは73%という好評ぶり。今回のティーン・アワードは、とりわけ若年層からの絶大なる支持を示すものとなった。日本ではNetflixオリジナル映画として配信されているので、ぜひチェックしてみてほしい。

また、コメディ映画部門は作品賞をクレイジー・リッチ!(2018)、男優賞&女優賞をNetflix映画『パーフェクト・デート』のノア・センティネオローラ・マラノが受賞した。

テレビ方面では、ドラマ部門を「リバーデイル」が作品賞・男優賞(コール・スプラウス)・女優賞(リリ・ラインハート)を受賞。SF/ファンタジー部門では「シャドウハンター: The Mortal Instruments」が作品賞・女優賞(キャサリン・マクナマラ)、「スーパーナチュラル」ジャレッド・パダレッキが男優賞を受賞した。アクション部門は「MACGYVER/マクガイバー」が作品賞、「ARROW/アロー」スティーブン・アメルが男優賞、『バッドボーイズ』スピンオフドラマ「L.A.’s Finest(原題)」のガブリエル・ユニオンが女優賞に輝いた。サマー・ドラマ部門は「ストレンジャー・シングス 未知の世界」が作品賞・男優賞(ノア・シュナップ)・女優賞(ミリー・ボビー・ブラウン)を制覇している。

もちろん、ティーン・チョイス・アワードは音楽部門も充実。男性アーティスト賞をショーン・メンデス、女性アーティスト賞&ブレイクアウト・アーティスト賞をビリー・アイリッシュ、グループ賞はWhy Don’t Weが受賞した。男性ソング賞はルイ・トムリンソン「Two of Us」、女性ソング賞はローレン・ジャウリギー「Expectations」、グループソング賞はBLACKPINK「뚜두뚜두 (DDU-DU DDU-DU)」。さらにポップソング賞はアリアナ・グランデ「thank u, next」、サマーソング賞はショーン・メンデス&カミラ・カベロ「Señorita」、インターナショナルアーティスト賞はBTS(防弾少年団)、コラボレーション賞はBTS feat.ホールジー「Boy With Luv」など、いずれも昨年から今年を彩る名曲とアーティストが並んだ。

ビルボード・ミュージック・アワード 2019
BTS&ホールジー Billboard Music Awards(R) is a registered trademark of Billboard IP Holdings, LLC. (C) 2019 BBMA Holdings, LLC. All rights reserved.

The Teen Choice Awards 2019の全ノミネート&受賞アーティスト・作品は米Peopleのウェブサイトに詳しい。

こちらは2018年の結果

Source: People

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly