Menu
(0)

Search

『パシフィック・リム:アップライジング』で東京がボロボロに!「東京コミコン2017」にて最新映像解禁、監督&菊地凛子も登場

©THE RIVER

映画パシフィック・リム:アップライジングが、少しずつその全貌を顕そうとしている。2017年12月3日、ポップカルチャーの祭典「東京コミコン」にて本作のスペシャルイベントが開催され、スティーヴン・S・デナイト監督、前作につづいて森マコ役を演じる菊地凛子が登場した。
このイベントの目玉は、本作『パシフィック・リム:アップライジング』の世界初解禁となる新映像の上映だ。超満員の客席はその仕上がりに熱狂、拍手と歓声で映像の公開を祝っている。

パシフィック・リム:アップライジング
©Legendary Pictures/Universal Pictures.

監督&菊地凛子、全世界期待の続編を語る

『パシフィック・リム:アップライジング』で、前作のギレルモ・デル・トロ監督に代わってメガホンを取ったのはスティーヴン・S・デナイト。ドラマ『デアデビル』(2015)でショーランナーを務めるなど、その才覚を発揮する注目のクリエイターだ。

「これ以上愛せないほど大好き」だという日本への初来日を果たしたデナイト監督は、残念ながらイベント後、すぐに本国へと戻らなければならないとのこと。しかし本作が劇場公開される2018年には、本編を携えて帰ってくると約束してくれた
またステージのテーブルに並んでいたのは、バンダイ社による『パシフィック・リム:アップライジング』のフィギュアの数々。監督は実物を手にすると興奮した様子で、「最高。帰りの飛行機で手にしているかもしれませんね」と述べた。

パシフィック・リム:アップライジング
©THE RIVER

つづいて登壇したのは、前作『パシフィック・リム』につづいての出演となる菊地凛子。前作から約10年後を舞台に、新たなキャスト・スタッフを迎えた続編とあって、「森マコとして新たな成長を見せようと演じた」という。そんな菊地との仕事について、デナイト監督は「凛子との仕事はスリリングで、すごく光栄でした。凛子が現場にいる日はとてもワクワクしましたし、彼女の演技を早く観てほしい」とコメント。

パシフィック・リム:アップライジング
©THE RIVER

世界初解禁、最新本編映像&メイキング!

イベントの目玉は、なんといっても世界初解禁となった『パシフィック・リム:アップライジング』最新映像の上映だ。
イェーガーが日本の都市を激走し、飛翔し、格闘する。もちろんパイロットたちも死力を尽くして戦い、若さにあふれた登場人物たちがその心情を力説する……。そんな本編映像の合間には、作品への熱い思いを語る監督や、本作の魅力を説明するジョン・ボイエガやスコット・イーストウッド、菊地凛子のインタビューが挿入されていた。

約2分半にわたる映像の上映後、いやおうなしに期待が高まる内容に客席は大興奮。その様子を肌で感じた監督は「とっても嬉しいです」と述べ、また初めて映像を観たという菊地も「前作の要素をすべて取り入れて、より進化させている。早く観たいです」と話した。

パシフィック・リム:アップライジング
©THE RIVER

今回の映像の見どころは、なんといっても日本を舞台とするシーンだろう。このポイントに言及されると、監督は本作が「東京をブチ壊す大チャンスだった」として、自らが親しんだ「ウルトラマン」や「マグマ大使」、ゴジラ映画への愛情に触れて「怪獣映画を作るなら東京をボロボロにしなきゃいけない。東京の方には悪夢かもしれませんが、僕にとっては夢だったんです」と明かしている。

さらに前作と本作の大きな違いとして挙げられそうなのは、ド派手なKAIJU vs イェーガーの戦闘が白昼堂々展開すること。デナイト監督はそのこだわりについて、「前作とは違うもの、新しいものを見せたかった。ほとんどのアクションを昼間、晴れた場面でやっています」と述べている。同じ『パシフィック・リム』ではあるものの、本作はきっと新しい鑑賞体験を観客に与えてくれるにちがいない。

最後に菊地は、「私もひとりの『パシフィック・リム』ファンとして、公開をすごく楽しみにしています。新しいキャラクターも素晴らしい活躍を見せてくれていると思いますので、期待していただいて、ぜひ劇場でご覧ください」とコメント。
またデナイト監督は、「本当に早く観ていただきたいです。製作中はいつも、子供の頃に抱いていた夢が叶っていると思っていました。ぜひ劇場に足を運んでください、そうすれば『パシフィック・リム3』を作ることができます」と、さらなる意欲を示した。

パシフィック・リム:アップライジング
©THE RIVER

映画『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年4月全国ロードショー

©Legendary Pictures/Universal

東京コミコン開催概要

東京コミコンは、スタン・リー氏とApple共同創業者の1人スティーブ・ウォズニアックによって実現した。第二回開催となる今回は、スティーブ・ウォズニアック氏、マッツ・ミケルセン氏カール・アーバン氏ネイサン・フィリオン氏スタン・リー氏マイケル・ルーカー氏の来日が発表されている。

日程:2017年12月1日(金)~2017年12月3日(日)

場所:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1国際展示場 9・10・11ホール)

東京コミックコンベンション公式サイト:http://tokyocomiccon.jp/

前売入場券はチケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて販売中。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly