『パシフィック・リム:アップライジング』で東京がボロボロに!「東京コミコン2017」にて最新映像解禁、監督&菊地凛子も登場

映画『パシフィック・リム:アップライジング』が、少しずつその全貌を顕そうとしている。2017年12月3日、ポップカルチャーの祭典「東京コミコン」にて本作のスペシャルイベントが開催され、スティーヴン・S・デナイト監督、前作につづいて森マコ役を演じる菊地凛子が登場した。
このイベントの目玉は、本作『パシフィック・リム:アップライジング』の世界初解禁となる新映像の上映だ。超満員の客席はその仕上がりに熱狂、拍手と歓声で映像の公開を祝っている。

パシフィック・リム:アップライジング

©Legendary Pictures/Universal Pictures.

監督&菊地凛子、全世界期待の続編を語る

『パシフィック・リム:アップライジング』で、前作のギレルモ・デル・トロ監督に代わってメガホンを取ったのはスティーヴン・S・デナイト。ドラマ『デアデビル』(2015)でショーランナーを務めるなど、その才覚を発揮する注目のクリエイターだ。

「これ以上愛せないほど大好き」だという日本への初来日を果たしたデナイト監督は、残念ながらイベント後、すぐに本国へと戻らなければならないとのこと。しかし本作が劇場公開される2018年には、本編を携えて帰ってくると約束してくれた
またステージのテーブルに並んでいたのは、バンダイ社による『パシフィック・リム:アップライジング』のフィギュアの数々。監督は実物を手にすると興奮した様子で、「最高。帰りの飛行機で手にしているかもしれませんね」と述べた。

パシフィック・リム:アップライジング

©THE RIVER

つづいて登壇したのは、前作『パシフィック・リム』につづいての出演となる菊地凛子。前作から約10年後を舞台に、新たなキャスト・スタッフを迎えた続編とあって、「森マコとして新たな成長を見せようと演じた」という。そんな菊地との仕事について、デナイト監督は「凛子との仕事はスリリングで、すごく光栄でした。凛子が現場にいる日はとてもワクワクしましたし、彼女の演技を早く観てほしい」とコメント。

パシフィック・リム:アップライジング

©THE RIVER

世界初解禁、最新本編映像&メイキング!

イベントの目玉は、なんといっても世界初解禁となった『パシフィック・リム:アップライジング』最新映像の上映だ。
イェーガーが日本の都市を激走し、飛翔し、格闘する。もちろんパイロットたちも死力を尽くして戦い、若さにあふれた登場人物たちがその心情を力説する……。そんな本編映像の合間には、作品への熱い思いを語る監督や、本作の魅力を説明するジョン・ボイエガやスコット・イーストウッド、菊地凛子のインタビューが挿入されていた。

約2分半にわたる映像の上映後、いやおうなしに期待が高まる内容に客席は大興奮。その様子を肌で感じた監督は「とっても嬉しいです」と述べ、また初めて映像を観たという菊地も「前作の要素をすべて取り入れて、より進化させている。早く観たいです」と話した。

パシフィック・リム:アップライジング

©THE RIVER

今回の映像の見どころは、なんといっても日本を舞台とするシーンだろう。このポイントに言及されると、監督は本作が「東京をブチ壊す大チャンスだった」として、自らが親しんだ「ウルトラマン」や「マグマ大使」、ゴジラ映画への愛情に触れて「怪獣映画を作るなら東京をボロボロにしなきゃいけない。東京の方には悪夢かもしれませんが、僕にとっては夢だったんです」と明かしている。

さらに前作と本作の大きな違いとして挙げられそうなのは、ド派手なKAIJU vs イェーガーの戦闘が白昼堂々展開すること。デナイト監督はそのこだわりについて、「前作とは違うもの、新しいものを見せたかった。ほとんどのアクションを昼間、晴れた場面でやっています」と述べている。同じ『パシフィック・リム』ではあるものの、本作はきっと新しい鑑賞体験を観客に与えてくれるにちがいない。

最後に菊地は、「私もひとりの『パシフィック・リム』ファンとして、公開をすごく楽しみにしています。新しいキャラクターも素晴らしい活躍を見せてくれていると思いますので、期待していただいて、ぜひ劇場でご覧ください」とコメント。
またデナイト監督は、「本当に早く観ていただきたいです。製作中はいつも、子供の頃に抱いていた夢が叶っていると思っていました。ぜひ劇場に足を運んでください、そうすれば『パシフィック・リム3』を作ることができます」と、さらなる意欲を示した。

パシフィック・リム:アップライジング

©THE RIVER

映画『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年4月全国ロードショー

©Legendary Pictures/Universal

 

東京コミコン開催概要

東京コミコンは、スタン・リー氏とApple共同創業者の1人スティーブ・ウォズニアックによって実現した。第二回開催となる今回は、スティーブ・ウォズニアック氏、マッツ・ミケルセン氏カール・アーバン氏ネイサン・フィリオン氏スタン・リー氏マイケル・ルーカー氏の来日が発表されている。

日程:2017年12月1日(金)~2017年12月3日(日)

場所:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1国際展示場 9・10・11ホール)

東京コミックコンベンション公式サイト:http://tokyocomiccon.jp/

前売入場券はチケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて販売中。

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。