「東京コミコン2017」DCドラマの豪華声優陣がクロスオーバー!生セリフ披露にファンうっとり

「ARROW/アロー」「THE FLASH/フラッシュ」に「レジェンド・オブ・トゥモロー」など、ドラマが絶好調のDCTVシリーズ。12月3日に幕張メッセで開催された「東京コミコン2017」ステージにて、このドラマのヒーローやヴィランを演じる人気声優が集結した。

©THE RIVER

ステージに登場したのは、「レジェンド・オブ・トゥモロー」の東地宏樹(レナード・スナート/キャプテン・コールド役)、江川央生(ミック・ロリー/ ヒートウェーブ役)、「THE FLASH/フラッシュ」の福山潤(バリー・アレン/フラッシュ役)「ARROW/アロー」の日野聡(オリバー・クイーン/グリーンアロー役)。ドラマ内でもクロスオーバーを果たす豪華声優陣がこの日限りの集結を果たし、会場では劇中の台詞を生披露する贅沢サプライズも。超満員の会場のファンらは目を輝かせて聞き入った。

それぞれ自身が演じる役について、アロー役の日野は「自分の肉体を駆使して悪と戦うダーク・ヒーロー。悪だけでなく葛藤とも戦う、人間味溢れるヒーロー。オリバー・クイーンという青年の部分と、ダーク・ヒーローとして悪を成敗するグリーンアローという姿、そして若かりし頃のボンボンでチャラついたオリバー・クイーンの3つを演じ分けるのがポイント」と語った。

続いてフラッシュ役の福山が「フラッシュは聡が話していた『ARROW/アロー』から生まれたヒーローで…」と語ると、同い年の日野を下の名前でサラリと呼ぶあたりに声優同士の仲の良さを察知したファンがときめく。「最初はただただ速く走れるだけのヒーローという感じでしたが、次第に様々な能力を開花させていく。ダーク・ヒーローのアローに対し、フラッシュは親しみやすい、人情味あるヒーローとして描かれています」と語った福山は「バリー・アレンはイケメンで可愛らしい子なんですが、女の子に対してうまくアプローチできなかったりと、オタク気質なところが裏目に出る、みたいな人情味ある部分をストレートに表現できるように」演じていると明かした。

DCTVシリーズと言えば、個性的なヴィランたちが物語を盛り上げるのも見所。ヒートウェーブ役の江川は「ヒートウェーブは特に何も考えてません。大酒食らって、いつもふてくされてるのがヒートウェーブなので、そんな感じでやってます」と笑いを誘う。ヒートウェーブとコンビを成すキャプテン・コールド役の東地は「最初はフラッシュのライバルとして登場してから『レジェンド・オブ・トゥモロー』登場しました。最初は特殊能力を持っているのかと思っていたんですけど、結局人を凍らせる銃がなければただの人じゃないかと(笑)」とコメントし、「高飛車キャラということで、上から目線のカッコよさを追求している」と語った。

このイベントのつい前日にちょうど「レジェンド・オブ・トゥモロー」第一話を観返していたという東地は、「悪い奴らがおだてられて集められた間抜けさ。みんな悪い気しない感じで集まってるよね、という可笑しさを声優のみんなでも盛り上がっていたシーンだったんですよ」と、物語の幕開けが印象に残っていたと振り返る。

江川は「セカンド・シーズンで日本にタイムスリップするエピソードがありまして。ヒートウェーブも着物を着たり忍者の格好をしたり、徳川家光を殺しちゃうっていうね。日本の歴史をどうしてくれるんだ」とツッコミを入れると、会場は笑いに包まれる。

福山は「フラッシュ役として参加させて頂くずっと前から、いちファンとして『ARROW/アロー』をずっと観ていたので、思い入れが強かった。『THE FLASH/フラッシュ』第一話でオリバーとバリーがビルの上で会話をしているシーンはもの凄く思い入れ深いものがありました」と述懐する。

DCTVシリーズ作品群の中でも特に歴史の長い「ARROW/アロー」だが、日野は「『ARROW/アロー』ってよく人が死ぬんですね。演じていても辛くなることが多くて」と笑う。印象深いシーンについては「セカンド・シーズンでメインのヴィランとして登場したデスストロークとの戦い」と答えた。「お互い肉弾戦だったので。このあたりからだんだん敵が能力者になっていく。いかんせんオリバーは自分の肉体だけで戦っていますからね。」

貴重!ファンからの質問に直接回答

この日のイベントでは、声優陣に対して事前にファンから募った質問が直接投げられた。東地が演じるキャプテン・コールドの俳優ウェントワース・ミラーといえば、ドラマ「プリズン・ブレイク」の印象も強いが声を演じる上での違いについて尋ねられた東地は「『レジェンド・オブ・トゥモロー』でも結局兄貴(ドミニク・パーセル)と一緒に出ていますね。見てくれも、比較的坊主気味であると」と二役の共通点を述べ、「華やかな部分は変わらないが、『プリズン・ブレイク』が善玉であるならば、『レジェンド・オブ・トゥモロー』は悪玉ということで、メリハリをつけようと思いました。『プリズン・ブレイク』の方はかなりクールでしたが、キャプテン・コールドは静かなところから急にブチ切れるみたいな」と秘訣を明かす。

同じく江川のヒートウェーブも、「プリズン・ブレイク」から引き続きドミニク・パーセルが演じるキャラクターだが、「『プリズン・ブレイク』は割とシリアスで、『レジェンド・オブ・トゥモロー』はコミカルに徹した」と語り、「実はセカンド・シーズンは『プリズン・ブレイク』のシーズン・ファイブと同じ日に録ってまして。朝プリズン、夜レジェンドという一日だったので、気分を変えて挑みました」と明かした。

福山への質問は、DCヒーローの中でフラッシュ以外に声を演じたいキャラクターはあるかというもの。「小さい頃からアニメやドラマでバットマンに慣れ親しんでいたので、バットマンが大好き。でもバットマンよりもサイドキックのロビンの方が演じてみたい。ブルース・ウェインと掛け合いたいなという夢を持ってます」と打ち明けた。

日野に対しては、もしもアローのように無人島に5年間流されたなら何をして過ごすかというユニークな質問。福山が「聡だけ急に大喜利になってますけど」と笑う中、日野は「飢え死にしてるでしょうね」とポツリ。「『ARROW/アロー』のBlu-rayを持っていけば心は満たされるだろうけど、腹は満たされないので飢え死にですね。」

©THE RIVER

会場が絶叫、生台詞を生披露

最後にそれぞれの作品の見所紹介と、演じるキャラクターの決め台詞を生披露することになると、キャプテン・コールド役の東地は「タイムワープものの面白さをフルに使った作品。他のチームのキャラクターが出たり入ったりする面白さもある」と語り、「俺はヒーローじゃねぇ!」と披露した。

ヒートウェーブ役の江川は「これからシーズン・スリーが始まります。これからも荒唐無稽でハチャメチャなタイムスリップを楽しんで頂きたい」と紹介し、「全てを焼き尽くさなきゃぁいられないほどのケダモノ、それがこの俺だ」のセリフをプレゼント。

フラッシュ役福山は「大変なことも乗り越えたフラッシュですが、家族愛やヒーローらしさなど、爽快感のあるシリーズ」と語り、毎エピソードのオープニングでお馴染み「僕の名前はバリー・アレン、地上最速の男だ」を。

最後にグリーンアロー役の日野は「最新シーズンでは、以前敵だった者が味方として登場するのではないかと」と楽しみな展開を示唆し、「アローだけでなく、フラッシュ、スーパーガール、レジェンド・オブ・トゥモローのクロスオーバーもお楽しみに」とDCTVシリーズならではの醍醐味を語り、最後に「お前は街を汚した!」の生台詞を会場に轟かせ、それぞれ詰めかけたファンの表情を輝かせた。

 

東京コミコン開催概要

東京コミコンは、スタン・リー氏とApple共同創業者の1人スティーブ・ウォズニアックによって実現した。第二回開催となる今回は、スティーブ・ウォズニアック氏、マッツ・ミケルセン氏カール・アーバン氏ネイサン・フィリオン氏スタン・リー氏マイケル・ルーカー氏が来日を果たした。

日程:2017年12月1日(金)~2017年12月3日(日)

場所:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1国際展示場 9・10・11ホール)

東京コミックコンベンション公式サイト:http://tokyocomiccon.jp/

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。