「東京コミコン2017」閉幕 ─ フィナーレに豪華ゲスト6人が全員集合、わちゃわちゃステージ詳細レポート

2017年12月1日(金)から3日(日)の3日間にかけて開催された国内外のポップカルチャーの祭典「東京コミコン2017」が、惜しまれながら閉幕を迎えた。会場内メインステージではグランド・フィナーレが開催。ステージには、豪華来日ゲストが勢揃い。スティーブ・ウォズニアック、マッツ・ミケルセン、カール・アーバン、ネイサン・フィリオン、マイケル・ルーカー、福原かれんがズラリと登場した。

©THE RIVER

スティーブ・ウォズニアックは「参加できて本当に光栄。アートやエンターテイメントの全てのアイデアが表現されていました。最高です。続けるべきですね。必ず来年も戻ってきます」とコメント。

©THE RIVER

続いてコメントを求められたマッツ・ミケルセンがハッキリと「はい!」と発すると、会場からは黄色い悲鳴。「(サイン・撮影会で)長蛇の列で待ってくださる皆さんがスーパー・ナイスでした。時間が足りなくて申し訳ない。本当はもっともっとファンの一人ひとりとの時間を割きたかったです」と、紳士的に答えた。

©THE RIVER

「トーキョー、コンニチハァー!」と叫んだカール・アーバンは「東京コミコンを主催された方々にも感謝!僕はこれまでに何度かコミコンに参加したことがあったけれど、今回が過去で最高に楽しかった。皆さん本当に最高ですよ!すごく光栄です。もう感謝を伝える言葉が見つからない。必ず戻ってきますから、またゆっくりしましょうね!」と熱気溢れるコメントで会場を湧かせる。「友達や家族にも伝えてやって下さい!来年は絶対に行くべきだぞってね!」と投げキッスすると大盛り上がり。

©THE RIVER

続いてマイクを構えたネイサン・フィリオンは「小さい頃、コミックやスーパーヒーローが大好きでした。でも当時はこういう文化はあまり人気じゃなかったから、僕は超オタクでかなり人見知りでした。でも今や、僕たちオタクがこうして集まってる!すごいことですよ。お互いを祝いましょう!」とはつらつ。

©THE RIVER

この日のオープニング・ステージで超自由に振る舞い、大暴走(褒め言葉)を見せたマイケル・ルーカーは、「”気”を分けてくれてアリガトー!おかげで週末乗り切れた!俺は超疲れた。みんなの気をシェアし合ったからね!この週末は、世界中のTwitterとFacebookが嫉妬していたね。だって他の皆は俺たちとここにいないんだからさ!」と盛り上げ、通訳さん(今朝のステージでイジり済)が日本語訳を伝える途中、「俺そんなに喋ってないぞ!」とイジった。「前回の来日時には柴犬を連れて帰ったんだ!おかげで家族は大喜び。今回も犬を連れて帰ろうかな!アリガトー!ジャパン!アリガトー!チバ!」と通訳さんを無視気味にマイペースを貫いた。

©THE RIVER

「このラインナップの最後にコメントするのは凄く緊張するんですが…」、福原かれんは「3日間こんなに大勢の方にお会い出来て本当に楽しかったです。インドネシアやタイランドから来ている方もいて、コミック・ブック・ファンはどこにでもいるんだなぁと暖かい気持ちになりました。東京コミコン、最高!」とコメント。

最後に司会から、改めて最後のメッセージを振られた登壇者たち。まずはスティーブ・ウォズニアックがコメントすることになったが、そこに「俺が最後のメッセージを伝える!」と割って入ったのは自由人マイケル・ルーカー。あのスティーブ・ウォズニアックがきょとんとする前に歩み出て、「消防署をサポートしろ!」と咆哮。その背中には、漢字で”火消”と刻まれていた。

©THE RIVER

©THE RIVER

スティーブ・ウォズニアックは「シンギュラリティを超えよ」とビジョナリーなメッセージを発し、マッツ・ミケルセンが「愛してます。来年まで待てないから、また来週末にでもやりましょうか」と語ると、やはり客席は絶叫。カール・アーバンは『ジャッジ・ドレッド』(2012)の声を再現。「東京の民よ…この俺が法律だ…」と囁き、ファンはまたも大絶叫。続いてネイサン・フィリオンがコメントしようとすると、隣のマイケル・ルーカーが「ワンワン!」と妨害。あげく、マイケル・ルーカーにカール・アーバン、マッツ・ミケルセン、そして年長者のスティーブ・ウォズニアックまで混じってネイサンに一斉にマイクをぶつけに行くというイタズラで和気あいあいと盛り上がった。

©THE RIVER

©THE RIVER

©THE RIVER

©THE RIVER

これを受けてネイサンはマイクが故障したようなパフォーマンスで口パクしながら、「……thing is…I would…o…I…all of you……and I mean……of my heart…」という聞き取り不能な何かを語って笑いをさらった。

©THE RIVER

©THE RIVER

最後は、仲睦まじげなマイケル・ルーカーと福原かれんコンビ。福原が「ありがとう…?ございました!」とマイケルに日本語を指南すると、マイケルも「アラガトォ?ゴザマシタ!」とリピート。ところが司会から「マイケル・ルーカーさんもファイナルメッセージを!」と促されると、「マイケル・ルーカーは…飴ちゃんありがとう!それからちゃんこ鍋、あと…愛情…、アリガトウ!センキューベリーマッチ!」と締めくくった。あれだけ自由に振る舞っていたマイケル、しっかり振られたアドリブには意外と弱い様子であった。

©THE RIVER

これにて「東京コミコン2017」全ステージが終了。観客席からは「えぇー!」と名残惜しむ声も頻発する中、6人は手を振り、投げキッスしながら賑やかに立ち去った。

ギャラリー

 

東京コミコン開催概要

東京コミコンは、スタン・リー氏とApple共同創業者の1人スティーブ・ウォズニアックによって実現した。第二回開催となる今回は、スティーブ・ウォズニアック氏、マッツ・ミケルセン氏カール・アーバン氏ネイサン・フィリオン氏スタン・リー氏マイケル・ルーカー氏が来日を果たした。

日程:2017年12月1日(金)~2017年12月3日(日)

場所:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1国際展示場 9・10・11ホール)

東京コミックコンベンション公式サイト:http://tokyocomiccon.jp/

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。