Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー バトルロイヤル』テッサ・トンプソン、名作アニメ『わんわん物語』実写版に出演交渉中

テッサ・トンプソン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36243143165/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のテッサ・トンプソンが、名作アニメ映画『わんわん物語』(1955)の実写映画版に出演交渉中だ。米VarietyThe Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

テッサ・トンプソン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36243143165/

『わんわん物語』は家出した血統書付きのレディと雑種犬トランプが恋に落ち、冒険を繰り広げる物語。レディとトランプがスパゲッティを食べていてキスしてしまう場面はあまりにも有名である。本作は『ジャングル・ブック』(2016)や『美女と野獣』(2017)のように、CGIと実写が融合した作品になるという。

このたび、テッサ・トンプソンが出演交渉中の役は主人公のレディ。ちなみに、トンプソンは2019年米国公開予定の『メン・イン・ブラック』スピンオフ映画への出演が決定している

レディの相手役であるトランプを演じるのは、映画『ガール・オン・ザ・トレイン』(2016)や『Mute/ミュート』(2017)のジャスティン・セローレディの良き友人であるスコティッシュ・テリアのジャッキー役に映画『ロブスター』(2015)のアシュレー・ジェンセン、ブルドッグのブルに『ドクター・ストレンジ』(2016)ウォン役のベネディクト・ウォン、そしてレディの飼い主であるダーリンを『DOPE/ドープ!!』(2016)や『さよなら、僕のマンハッタン』(2018)のカーシー・クレモンズが演じることが決定している。

監督を務めるのは『レゴ®ニンジャゴー ザ・ムービー』(2017)のチャーリー・ビーン。『Computer Chess(原題)』(2013)のアンドリュー・バジャルスキーが脚本を手がける。

実写映画版『わんわん物語(邦題未定、原題:Lady and the Tramp)』は、2019年に開始されるディズニーの映像配信サービスにて独占配信予定

Sources:VarietyThe Hollywood Reporter
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly