『マイティ・ソー バトルロイヤル』テッサ・トンプソン、『メン・イン・ブラック』スピンオフ映画に交渉中 ─ クリヘム共演の可能性、ソーとヴァルキリーのコンビ再び?

2019年米国公開予定の『メン・イン・ブラック』スピンオフ映画(正式タイトル不明)に、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のヴァルキリー役で知られるテッサ・トンプソンが出演交渉中であることが分かった。米国時間2018年3月21日、Varietyなど複数メディアが報じている。テッサ・トンプソンの役柄については明らかになっていない。なお同作には『アベンジャーズ』シリーズでソー役を演じているクリス・ヘムズワースも出演交渉に入っており、もし両名の出演が決定すれば『マイティ・ソー バトルロイヤル』以来に共演を果たす形となる。

地球上のエイリアンの監視・取り締まりを任務とするエージェントの活躍を描くSFコメディ『メン・イン・ブラック』シリーズは、トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミス主演で1997年、2002年、2012年の3度にわたり映画化された人気作品。2017年秋に同作のスピンオフ作品の企画が急ピッチで進められていることが報じられていた

『メン・イン・ブラック』スピンオフ映画は、ストーリー詳細については不明なものの、エージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)とJ(ウィル・スミス)ではない新たなエージェントを主人公とした作品になるという。また今作は多様性に富んだキャストによって構成され、白人男性と有色人種の女性、そして年配の男性がメインキャラクターになるようだ

『メン・イン・ブラック』スピンオフ映画の製作総指揮は、シリーズ過去作品と同様にスティーブン・スピルバーグが務める。脚本は、『アイアンマン』(2008)『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)を手掛けたマット・ホロウェイとアート・マーカムの二人が共同で執筆。監督には『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015)『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017) の F・ゲイリー・グレイが交渉中だという。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』では、ユーモアを交えつつ、息の合った掛け合いを見せたクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソン。二人の相性は抜群なだけに、再びの共演が実現することを願うばかりだ……!

(文:まだい)

Source: Variety
Eyecatch Image:Gage Skidmore

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。