Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アメスパ2』グウェンのスピーチが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に影響を及ぼしていた

アメイジング・スパイダーマン2
© 2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. Marvel, Spider-Man and all related character names and their distinctive likenesses: ™ & © 2014 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All Rights Reserved.

この記事には、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。

アメイジング・スパイダーマン2
© 2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. Marvel, Spider-Man and all related character names and their distinctive likenesses: ™ & © 2014 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All Rights Reserved.

グウェン・ステイシー、希望のスピーチ

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ(ウェブバース)からアンドリュー・ガーフィールド版ピーターが、サム・ライミ版シリーズ(ライミバース)からトビー・マグワイア版ピーターが奇跡の登場を果たした。彼らはそれぞれの作品から数年以上経っている設定で、それぞれの苦労を背負って現れる。そこで、ウェブバース・ピーターの人生には、『アメイジング・スパイダーマン2』グウェン・ステイシーのスピーチに大きな影響を受けていたのだという。脚本のエリック・ソマーズが語っている。

「この映画に携わることになったとき、彼ら(2人のピーター)はどのような状態だったのか?何をしていたのか?何を考えていたのか?ということを考えました。前回の『アメイジング・スパイダーマン』の最後に、グウェンが非常に素敵なスピーチをしますよね。希望を持ち続けて、というスピーチです。私たちは、すぐにこのスピーチに興味を持ちました。もしもアンドリュー・ガーフィールドのスパイダーマンが、もしも彼のピーター・パーカーが、スピーチの通りになっていなかったらどうだろうか、と。つまり、彼が希望を持ち続けられなかったら?というものです。彼はあの出来事(グウェンの死)で、あまりにも傷ついてしまった。そんなところから、彼の状態が定まっていったんです」。

これは『ノー・ウェイ・ホーム』夜の学校の屋上で、ライミバースとウェブバースが現れた2人のピーターがMCUピーターと会った際の会話に現れている。ガーフィールドが演じたウェブバース・ピーターは、グウェンを失ったことで自暴自棄となり、悪党との戦いにも容赦しなくなったといった旨を語る。登場時のウェブバース・ピーター、つまり『アメイジング・スパイダーマン2』後のピーターは、皮肉なことにグウェンのスピーチとは真逆の人生を歩んでいたということだ。

しかし物語では、MCUピーターと同じように、ウェブバース・ピーターにも成長と救済の軌道が用意される。確かに彼らはピンチに現れ、MCUピーターの危機に助力した。しかしクリス・マッケナは、「デウス・エクス・マキナというわけではない」と弁明する。デウス・エクス・マキナとは、困難な状況を一挙に解決する絶対的存在という意味で、扱い方を誤れば観客を興醒めさせてしまう手法だ。マッケナは、2人のピーターをどのように第三幕に登場させるか、「かなり話し合った」といい、登場シーンは少なくとも10回は改稿したと振り返っている。

最終決戦、ウェブバース・ピーターは落下するMJを救うことで、かつてグウェンを救えなかった自らの無力さを克服する。また、まるで兄と弟のような2人のピーターと出会い、「愛しているよ」と伝えることができ、最後は“兄”と肩を組んで元の世界に消えていく。その時のピーターは笑顔である。あの日、グウェンが言っていた「希望」を、ついに持つことができたのだ。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』と『アメイジング・スパイダーマン』の精神は、亡きグウェン・ステイシーを通じて繋がっている、そう考えるのも素敵ではないだろうか。

アメイジング・スパイダーマン2
© 2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. Marvel, Spider-Man and all related character names and their distinctive likenesses: ™ & © 2014 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All Rights Reserved.
「愛してるよ」はアドリブだった?

Source:IGN

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly