Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アメスパ2』グウェンのスピーチが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に影響を及ぼしていた

アメイジング・スパイダーマン2
© 2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. Marvel, Spider-Man and all related character names and their distinctive likenesses: ™ & © 2014 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All Rights Reserved.

アンドリュー・ガーフィールド主演のシリーズ第2作アメイジング・スパイダーマン2』(2014)では、スパイダーマン/ピーター・パーカーの恋人グウェン・ステイシーエマ・ストーン)による印象的なスピーチが登場する。映画の序盤、高校の卒業式でグウェンが生徒代表として語る場面だ。ここでグウェンは「生きている日々に感謝する」「自分の人生を大切にする」「大事なもののために戦い、模索しながら進む」ことを説き、それこそが人生だと語った。これはスパイダーマンとの二重生活を送るピーター・パーカーの人生にも重ねられた。

そして、映画のクライマックスでグウェンは死亡。絶望から立ち直れないピーターは、卒業式のスピーチの映像を再生し、記憶の中の明るいグウェンと再会する(ピーターは悪党退治のため卒業式に遅刻したので、グウェンのスピーチを直接聞けなかった)。パソコンのスクリーンの中、晴れの日のグウェンは「絶対に希望を捨てないで」「あなた自信が希望になって」とピーターに語りかける。

これを聞いたピーターはクローゼットの中からスパイダーマンのマスクを取り出し、街の「希望」となってライノとの対決に立ち向かっていく。グウェン・ステイシーの遺言のために──。

この感動的なスピーチが、実はマーベル・シネマティック・ユニバーススパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にも精神的な影響を及ぼしていたという。『ノー・ウェイ・ホーム』脚本家のエリック・ソマーズとクリス・マッケナが米IGNで語っている。

この記事には、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly