Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』製作費は当初想定より2倍の2億ドル ─ 『バットマン』映画3番目の高コスト作品に

THE BATMAN-ザ・バットマン-
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

ロバート・パティンソンが新星バットマンを演じるDCヒーロー映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の製作予算は、当初の見積りの2倍となる2億ドルだと報じられている。

もともと、『ザ・バットマン』の製作予算は1億ドルだと伝えられていたが、米Varietyによると、その数字は最終的に2倍の2億ドルまで膨れ上がったという。その結果として、『バットマン』フランチャイズにおいて同作は、予算が2億5000万ドルだった『ダークナイト ライジング』(2012)『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)に続き、3番目にコストが高い映画になった

『ザ・バットマン』の製作予算が2倍になった理由は、新型コロナウイルスの感染拡大が大きく影響しているようだ。2020年1月に撮影が開始されたが、その2ヶ月後にパンデミックにより中断され、同年9月3日まで再開されなかった。しかも、その後まもなくロバート・パティンソンと製作スタッフが新型コロナウイルスに感染したため、2週間にわたって撮影が再び中断。紆余曲折を経て、2021年3月に撮影が正式に終了している。

2022年3月11日の公開が迫るなか、海外メディアが『ザ・バットマン』の興行収益を予想し始めており、『バットマン』映画で最大となる1億8,000万ドル、少なくとも1億4,000万ドルでオープニング週末にデビューするのではないかとの見方も報じられている。

すでに各メディアでは『ザ・バットマン』のレビューが解禁され、米レビューサイトRotten Tomatoesでは、『ダークナイト』(2008)の94%に続く88%となっており、『バットマン』実写作品で史上2位という高評価に。こうした高評価がどれほど追い風になるかに注目だ。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は、2022年3月11日に公開開始。

あわせて読みたい

Source:Variety

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly